最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

フロム・ソフトウェア、PS3「DARK SOULS」
「Demon's Souls」のスタッフが開発を手掛けるダークファンタジー


2011年 発売予定

価格:未定


イメージイラスト

 株式会社フロム・ソフトウェアは、プレイステーション 3用アクションRPG「DARK SOULS(ダークソウル)」を2011年に発売する。価格は未定。PlayStation Network対応。

 「DARK SOULS」は、2009年に発売され好評を博した「Demon's Souls(デモンズソウル」のスタッフが開発を手掛ける完全新作のアクションRPG。開発コンセプトは「デモンズソウル」同様、“ダンジョンを探索する緊張感”、“敵と遭遇したときの恐怖”、“新しい発見による喜び”から生まれる「達成感」となっており、「Demon's Souls」同様に高難易度の冒険に挑むことができるようだ。

 物語の舞台は、異形な魔物が多数登場するという退廃的な雰囲気が漂うダークファンタジーの世界。プレーヤーはこの世界で、自由度の高い戦略性と駆け引きを重視した剣戟(けんげき)バトルを楽しむことができる。

 初報となる今回は、「DARK SOULS」の世界観を表現したスクリーンショットとデザインアートを紹介する。また、「DARK SOULS」の公式サイトでは最新トレーラームービーの公開が行なわれているので、気になる人はチェックしてみるといいだろう。

 「DARK SOULS」のフィールドはシームレスで繋がり、より立体的で複雑に入り組んだ構造となっている。本作では、新たに開放された形のダンジョンが登場する。プレーヤーはフィールドを自由に探索し、攻略ルートを探し出すという楽しみを味わうことができる。

危険な場所であっても足場があれば移動できる。他のルートを探すという選択肢もあるだろう 薄暗く不気味な雰囲気が漂う「深い森」は、「Demon's Souls」にはなかった開放型フィールドの1つだ
古びた城のような建物。遠くに見える城壁にも歩いてゆける。見える全ての場所に歩いてゆける巨大な世界が本作の舞台となる。「振りかえると思えば遠くまで来た」と呟いてしまうだろう

 立体的なフィールドは、モンスターの戦いにも影響を及ぼすことがある。建物の屋上や崖の上での戦闘では、1度のミスが死を招くというシビアな展開となる。巨大なモンスターの1撃によりバランスを崩し、高いところから落ちるようなことがあれば、それは死を意味する。

行く手に立ちはだかる巨大なヘルカイト。どちらのシーンも足場が悪く、このまま進めばタダでは済まないだろう。腕に自信があれば戦ってみても良いが、他の方法を探すこともできる
屋根の上で繰り広げられる巨大なガーゴイルとの戦闘。戦闘中に屋根から落ちると即死となってしまうので、安全なポジション確保が最優先 巨大なイノシシのタックルを食らってしまい、吹き飛ばされてしまうプレーヤー。言うまでもなく致命傷である。ワンミス=死というシビアさ
モンスターとの戦いは常に1対1とは限らない。複数のモンスターと戦う場合や、強敵と戦う場合には仲間の存在が重要になる。仲間と共に力を合わせればどんな強敵であっても必ず勝てる?

「聖女」と呼ばれる謎の女性。その正体はいったい……
巨大な衛兵が守っているのは、後ろの女神像なのか? フィールドには多くの謎が存在する 篝火に祈りをささげることでなにかが起こる? 隠された謎を解き明かしていくのも本作の魅力

「太陽の騎士」と呼ばれる戦士。彼の目的はいったい……


【モンスターデザイン】
ウロコの無い巨大ドラゴン「白竜」

不死となった騎士モンスター「不死人騎士」 異形な姿となったモンスター「たまご背負い」

【マップシチュエーションデザイン】
アノール・ロンド 不死院

聖剣の墓 雪の院 デーモン祭壇


(C)2011 NBGI (C)2011 FromSoftware, Inc.

(2011年 2月 7日)

[Reported by 志賀康紀]