最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

レベルファイブ、「LEVEL5 VISION 2010」速報
カプコンと夢のコラボレートが実現!
3DS「レイトン教授VS逆転裁判」を発表


10月19日 開催

会場:東京・ゆうぽうとホール


レベルファイブ代表取締役社長の日野晃博氏
カプコンディレクターの巧舟氏

 株式会社レベルファイブは、新作発表会「LEVEL5 VISION 2010」を、東京「ゆうぽうとホール」にて10月19日に開催した。会場では10タイトルの新作が発表されたが、まずは第1報としてニンテンドー3DS用の完全新作「レイトン教授VS逆転裁判」に関する情報をお届けする。

 3DS「レイトン教授VS逆転裁判」は、レベルファイブと株式会社カプコンがコラボレートしたナゾトキ・法廷アドベンチャー。テーマは“魔女裁判”で、発売日、価格ともに未定。レベルファイブ代表取締役社長の日野晃博氏は「異世界に迷い込んだレイトンと成歩堂。ふたつのゲームのメインキャラクタ同士が、ひとつのゲームのなかで対決。矛盾に満ちた謎を解き明かすのは、はたしてどちらなのか。それぞれの持つ世界観が見事に融合した作品に仕上げ、このプロジェクトを成功に導きたい」とコメント。

 会場には、本作のシナリオ制作に携わるカプコンのディレクター巧舟氏が来場。「こういう発表会に出るのははじめて。まさかそれが、カプコンじゃないと。色々と驚いています」という巧氏。テーマの“魔女裁判”について巧氏は、最初にコラボレーションをきいたとき「逆転裁判ではできない裁判はないか(巧氏)」というところから“魔女裁判”というキーワードを思いつき「ある世界で、魔法を実際に信じているというか、その世界にあるものとして魔法が存在するとしたら。そこで起こる裁判は、どんなものか。我々の常識が通じない裁判をゲームにしたら面白いのではないかと考えた。レイトンさんは、冒険活劇というかファンタジーの世界で活躍される方。いいコラボレーションの舞台になるのではないか」と説明。話を持ち込んだ日野氏自身「まさかOKしてもらえるとは思わなかった」という。

 「『逆転裁判5』を作らずに、何をしているんだ? って感じですけれども。大丈夫なんでしょうか(会場笑)」と冗談めかして言う日野氏に対し「大丈夫なんですかね? 僕もかなり、色々な何かを感じつつ(笑)。でも本当に、皆様も驚かれたかもしれませんけど、このお話は、僕が1番驚いたかもしれない」と返す巧氏。会場で上映されたPVでは「あれほどリテイクを出す人をはじめて見た。この分量(数分程度)で2時間近くやってましたね?(日野氏)」、「そうでしたっけ? そんなことは裏で話しましょう(巧氏:会場笑)」といったやりとりがあるなど、すでにフランクな関係が築かれているようだ。

 「我々スタッフとしても、他社の制作スタッフと協力して“合作”という形態でゲームを作るのは初めてだと思うし、『逆転裁判』にとってもコラボレーションということは初めて。どんなことになるのか、どんなゲームができるのか。我々もわくわくしている状態。いいものが作れるようにがんばります」という巧氏。両者の強い想いが込められたビッグプロジェクト。最新情報が届き次第、弊誌でも順次ご紹介していく予定だ。



【ストーリー】

考古学者・エルシャール・レイトンと弁護士・成歩堂 龍一が迷いこんだ“異世界”……。
現実と幻想が交錯する、中世都市――「ラビリンス・シティ」。
闇にひそむ“魔女”……そして“魔法”が現実に存在するという、不思議な町。
“魔法”と“物語”……幻想に彩られた町で遭遇する、あり得ない事件の数々。
この町を支配するのは、究極の犯罪者《ストーリーテラー》。
彼のペンがつむぎだす“物語”は、そのまま“現実”となり、未来は決定される……。
かつてないナゾが、レイトン教授の前に立ちふさがる。
そして、成歩堂 龍一の、今回の依頼人にかけられた容疑は……“魔女”。
一切の常識が通じない、この世界の法廷……それが、《魔女裁判》
その開廷を告げる木槌が、今。《ラビリンス・シティ》に響きわたる!
――今度のナゾは、ムジュンに満ちている――


レイトン教授 ルーク 成歩堂 龍一 綾里 真宵

【イメージイラスト】

【アニメーション】


(C)LEVEL-5 Inc. (C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

(2010年 10月 20日)

[Reported by 豊臣和孝]