最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

エクスペリエンス、Xbox 360「円卓の生徒 -Students of Round-」
「Wiz Xth」の流れを汲むダンジョンRPGがXbox 360に登場!


2011年2月 発売予定

価格:未定


村上聡海氏描き下ろしのパッケージデザイン

 株式会社エクスペリエンスは、Xbox 360用ダンジョン探索RPG「円卓の生徒 -Students of Round-」を2011年2月に発売する。価格は未定。

 「円卓の生徒 -Students of Round-」は、2010年4月にPC用タイトルとして発売され好評を博した「円卓の生徒 -Students of Round-」の移植作品。Xbox 360版オリジナル要素として、新規ダンジョンをはじめ、イベントビジュアル、モンスター、BGMなどが新たに追加されている。また、1,280×720に対応したインターフェイスとPC版ユーザーの意見を取り入れたプレイアビリティの向上、PC版では4:3のトリミングでカットされた多数のビジュアルがノーカットで表示されるようになった。

 本作は、エルフやドワーフなどが住む「アルダ」の地を舞台に、様々な種族を“円卓の騎士”に育て、アルダの地を支配する魔王を倒すことを最終目標とするダンジョンRPG作品。プレーヤーは、円卓の騎士を育てる教師となり、生徒達と共に世界各地に存在する大森林や砂漠の迷宮などで試練に挑み、生徒達との強さと絆を育てていく。

 本作の特徴の1つはシナリオ面の強化にある。従来のダンジョン探索RPGといえば、ゲームシステムに重点が置かれるものが多かったが、本作はキャラクターメイキングや探索収集などのやり込みシステムはシンプルかつ、奥深さを追及すると同時に、育成をしながらシナリオをより楽しんでもらうために「親密度」を育てる新システムを導入。本格的なゲーム性とシナリオの面白さを両立させた本作は、ダンジョン探索RPGの新しいスタイルを確立したといっても過言ではないだろう。

【ストーリー】

 

人やエルフ、ドワーフ、そして魔物たちが住まうアルダの地。
光と闇の戦いから100年の時間が経っていた。

魔王が支配するこの世界に、かつてのような平和はなかった。

闇に蝕まれた大地と海。狂気にかられた人々、牙をむく魔物の群れ。
アルダの地は絶望に包まれていた。

1つの彷徨う魂があった。それは強い想いを持った魂だった。
100年前、光の守護者「円卓の騎士」の1人として「魔王」に挑み、敗れた魂。

光の守護者としての誇りを、魂は未だ失っていなかった。
魂は転生の時期を迎える。必ず闇を打ち払うという誓いの基に。

魂はアルダの地に再び降り立った。
仲間達を見つけ、新たな円卓の騎士へと育てるために。
そして共に魔王と戦い、アルダの地に平和をもたらすために。

2度と同じ過ちはしない。魂はそう決意する。

「さぁ、行きましょう。アルダの未来はあなたに託されました。
光射す世界を取り戻すのです」

今、新たな物語がはじまる。



■ 想像に合わせて選べる主人公

 本作の主人公「エクス・ランドライト」(※名前は任意変更可)のグラフィックは、少年(10代男性)、青年(20代男性)、年齢不詳(30代男性)、女性1、女性2、中性の6タイプから選ぶことができ、プレーヤーは主人公の視点でロールプレイできるゲーム性を持っているという。キャラクターデザインは、「イース」シリーズのキャラクターデザインを担当した村上聡海氏を起用。

■ エクス・ランドライト

種族:ヒューマン
クラス:ヴァリアント

 ゲームの主人公。円卓の騎士のリーダーかつ生徒たちの先生。100年前、魔王との戦いに破れて命を失ったが、新たな肉体を得てアルダの地へと再び生まれた。自らが望む姿で転生したため、容姿、年齢には幅があり、また当時の記憶はほとんど失われてしまっている。魔王に打ち勝つには誘惑に負けない強い絆が必要なことを知っており、円卓の騎士たちを育成する事を誓う。

【エクス・ランドライト】
男性10代 男性20代 男性30代
女性1 女性2 中性


■ 生徒との信頼で強くなる!

 魔王は、どんな相手も己が意のままに操る力“魅了”を持っている。この力に打ち勝つには、先生である主人公と共に戦う生徒達(パーティーキャラクター)との“絆”(信頼)が必要になるという。本作ではキャラクターの強さに加え、「信頼」も「育てていく」要素がある。プレーヤーは「生徒と面談」したり、「食事」で語らったり、「進路相談」を受けるなど、生徒と様々なコミュニケーションをとっていくことができる。「信頼」を育てることで、強力なスキルを使えるようになったり、特殊なイベントが発生することもあるようだ。

【イベントシーン】
絆を深め、好みのキャラクターと2人っきりの時間を楽しむのも本作の魅力の1つとなっている。絆が深まるとムフフなイベントが発生することも!?


■ 様々なタイプのダンジョンがプレーヤーを待ち受ける

 ダンジョン探索RPGというジャンルの本作であるが、冒険の舞台は1つの街にとどまらず、大陸に点在する街や村(拠点)に移動して、周辺のダンジョン(フィールドや迷宮)に挑むスタイルとなっている。辺境の谷、大森林、砂漠、海底、深い坑道、墓地など、個性溢れる多くのダンジョンが登場する。

【世界&ダンジョン】
世界地図 迷宮:エセルガルド 迷宮:バルハール
迷宮:モルロック 迷宮:イーンシリン


■ 2つの新戦闘システム「トラップエンカウント」&「宝箱争奪システム」

■ 「トラップエンカウント」

 トラップエンカウントは、エサを仕掛けておびき寄せた敵と戦うことができるシステム。釣りをするような感覚で楽しむことができ、どのエサをどこに仕掛けるかで、おびき寄せることができる敵に違いがあるようだ。なかには、迷宮の主やレアモンスターをおびき寄せることもできるという。トラップエンカウントを使っておびき寄せた敵に勝利すると、通常よりも良い宝箱やアイテムが出現する。

■ 「宝箱争奪システム」

 宝箱争奪システムは、ダンジョンで遭遇した敵の宝箱を奪い合うというシステム。指定ターン以内に敵リーダーを倒せば、宝箱を手に入れることができるが、倒せなかった場合には敵が宝箱を奪い去ってしまう。敵グループの中からリーダーを探し出し、素早く倒すことができるか? というシンプルな駆け引きを楽しむと同時に、宝箱を奪ったときの喜びを味わうことができるユニークなシステムだ。

■ 塚本陽子氏が描く超美麗モンスター

 モンスターデザインは、「ロード オブ ヴァーミリオン」など多くの作品で活躍中の塚本陽子氏を起用。

【モンスター】
オル=ペイデ サイクロプス
ゾンビワーカー軍団 ダークコボルト




■ キャラクター紹介

■ サウル・ハイフィールド

種族:ヒューマン
年齢:16歳
性別:男性
身長:165cm
クラス:ファイター

 なぜかミグミィ族の村に住んでいる人間の少年。旅商人の息子らしいが、本人は騎士に憧れている。実父が旅先で行方不明になった後は、ミグミィである村長のボーノンに育てられた。魔物におびえて暮らす日々にうんざりしており、自分は勇敢に平和をもたらす戦いに参加したいと思っている。


■ エルサリア・アーレンティール

種族:エルフ
年齢:102歳
性別:女性
身長:160cm
クラス:ウィザード

 エルフの族長ヴィンドールの養女で、次代の族長候補でもある巫女。一族の代表として円卓の騎士の復活する地へと派遣され、生徒に加わる。魔法に関して抜群の才能があり、人格的にも優れているが、本人はなぜそのような使命に自分が選ばれたのか、疑問に思っている。エルフは非常に長寿の種族であるため、100歳を越えているエルサも、人間の歳に換算すればまだ10代の少女である。


■ ロロン

種族:ミグミィ
年齢:16歳
性別:女性
身長:65cm
クラス:ヒーラー

 ミグミィ族のヒーラー。永遠の生命の象徴である光の精霊フェニックスを信仰している。楽天的でいい加減な所があり、お酒が大好き。トラブルに巻き込まれた所を円卓の騎士に助けられ、生徒に加わる。


■ マァリン

種族:セラフ
年齢:??
性別:??
身長:150cm
クラス:??

 円卓の城ロンドエールの番人を務めている魔法の人形。転生したばかりの円卓の騎士と生徒たちを助けてくれる頼れる存在。だがその正体は謎に包まれている……。


■ ピロス

種族:ヒューマン
年齢:??
性別:男性
身長:180cm
クラス:パラディン

 かつての魔王との戦いに円卓の騎士として参加し、その中でも最強と謳われた騎士。エクス・ランドライトの無二の親友であり、伝説では最期の瞬間までそのそばに踏み止まったと伝えられている。


■ エラステ

種族:エルフ
年齢:??
性別:女性
身長:165cm
クラス:ウィザード

 同じく魔王との戦いに円卓の騎士として参加したエルフのウィザード。やはりエクス・ランドライトと共に死したと伝えられている。





【イメージイラスト】


※画面は開発中のものです。
(C)2010 Experience Inc. All right reserved.

(2010年 9月 24日)

[Reported by 志賀康紀]