最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

東京ゲームショウ2010レポート

ディースリー・パブリッシャーブースレポート
2作の「ドリームクラブ」、PSP「お姉チャンバラSPECIAL(仮)」
XBLA「バンガイオーHD」、PSP「維新恋華 竜馬外伝」など


9月16日〜19日 開催(16日、17日はビジネスデイ)

会場:幕張メッセ

入場料:1,000円(一般/前売り)、1,200円(一般/当日)、小学生以下は入場無料


 株式会社ディースリー・パブリッシャーは、今年は単独でブースを出展。「ドリームクラブ」2タイトルと「お姉チャンバラSPECIAL(仮)」、さらにXbox LIVEアーケードにて配信される「バンガイオーHD ミサイルフューリー」、PSP「維新恋華 竜馬外伝」といったタイトルをプレイすることが可能だ。



■ PSP「お姉チャンバラSPECIAL(仮)」
Wiiに引き続き今度はPSPでセクシー&バイオレンスな剣劇アクションを体験

発売日:今冬発売予定
価格:未定
対応機種:PSP
ジャンル:剣劇アクション



 「お姉チャンバラSPECIAL(仮)」は、いわゆる「お姉チャン」なキャラクターを操作して画面中からおそってくるゾンビを切り倒していく剣劇アクションゲームの最新作。シリーズ作品としては初めてとなる携帯ゲーム機でのリリースとなり、歴代の人気キャラクターである彩、咲、ミザリー、レイコ、アンナの5名が使用できる点などもファンには嬉しいポイントとなっている。ブースにはゲームショー用の特別体験版が用意され、2つのミッションを楽しむことが可能となっていた。

 1つめのミッションはゾンビを30体切り倒すことを目標とするものとなっており、本作の基本的な操作性などが確認できるようになっている。出現するゾンビは前作を踏襲する形となり、ノーマルタイプのほかには警官ゾンビなども確認することができた。2つ目のミッションはボスを倒すことを目的とするモノで、ステージの奥に潜むボスを退治することがステージクリアの条件となってくる。ボスといってもそれほど強力な相手ではなく、初めての人でも十分倒せる程度の難易度に押さえられていたので、立ち寄った際には、是非挑戦してほしい。

 高速でコンボを叩き込んでいく爽快感のあるゲーム性を引き継いだ一方で、操作性はPSPということもあってか、ロックオンやアイテムを使う際に長押しが要求されるなど、従来と比べ操作がしにくいという印象を受けた。中でもロックオンの対象がマニュアルで変更できないというのは、個人的にはかなりストレスを感じるポイントだった。また開発途中であるためか、キャラクターの育成や武器の収集といった新しい要素も試すことができなかったので、より完成度を高めた製品版に期待したい。


簡単操作でばっさばっさとゾンビを倒していく爽快感は、PSPでも健在。タイミングよくボタンを押して、COOLなコンボを決めよう。ゲージを貯めて忌血の力を発動させれば、もはや敵はいない……かも!?


(C)TAMSOFT (C)D3 PUBLISHER



■ PSP「ドリームクラブ・ポータブル」
紳士の社交場がいつでもそこに! 「ドリームクラブ」がPSPで再登場!

発売日:10月28日 発売予定
価格:5,040円
対応機種:PSP
ジャンル:恋愛シミュレーション



 「ピュア」をキーワードに、全国の紳士から熱狂的な支持を受けている「ドリームクラブ」がPSPで新装開店。1年を通じて、ピュアな心の持ち主しか入ることのできない会員制の「ドリームクラブ」を舞台に、個性的でかわいい女の子たちとのコミュニケーションを楽しめる恋愛シミュレーションゲームだ。

 今回はPSPへの移植にともない、カラオケ中にPSPを縦持ちすることで女の子の全身を見られるようになっている。より臨場感のあるステージを楽しむことができるだろう。また、受付さんが時間やちょっとした雑学を教えてくれる「ドリーム☆クロック」や、ゲーム中の画面を撮影して残しておくことができるようになっているなど、複数の新要素が追加されている。今回のゲームショウでは、製品版の試遊が可能になっていたので、ここではその模様をお伝えしていく。

「ドリームクラブ」のホストガールはどの子もかわいらしく、個性的。PSPへの移植で、これから彼女達といつでも一緒にいられる。ドキドキのミニゲームで好感度を高め、心を通わせていこう

 筆者が試遊してみたところ、操作感はXbox 360のものから大きく変わってはおらず、特に不自由なく遊べる印象だ。変更点は飲酒をスティックではなくアナログパッドで行なうようになったことくらいだろう。飲み物をオーダーして、女の子との会話を楽しむ「IIS(インタラクティブ飲酒システム)」、そしてお互いがほろ酔い状態になることによって、より女の子の内面を深く知ることができる「ETS(エモーショナルトークシステム)」など、「ドリームクラブ」の根幹となる部分はいっさい変わっていない。

 また、プラットフォームが変わったことによって、グラフィック面での変化にも注意したいところだが、筆者が見る限り、劣化してしまっているところはなく、これまでと変わらない美しいビジュアルを楽しむことができた。全体を通して、これまでの「ドリームクラブ」のイメージを崩さない、非常に堅実な移植になっていると言えるだろう。

好感度が高まればカラオケをオーダーできたり、店外でのデートも可能になる。Xbox 360版を遊んだことのあるプレーヤーは、初回パッケージに付属するセクシーなドリームエプロンに注目

 明日以降に試遊をしようと考えているプレーヤーに注意してもらいたい点がある。それは、今回の試遊ではプレイごとのリセットが基本的に行なわれないということだ。よって、プレイする時間によってはずいぶんと進んだ状態のゲームを遊ぶことになる可能性もあるので気をつけてもらいたい。しかし、これは逆に、ある程度ゲームが進行しないと遊べないカラオケなどのモードに触れるチャンスでもあるので、このことはスケジュール組みの参考してもらいたい。

 新要素であるカラオケ中の縦持ちだが、試遊では機械が固定されていたのでそれを十分体感することができなかった。実際に製品を手に取った時の楽しみにしておきたい。

試遊では確認できなかったが、縦持ちすることで女の子の全身を表示させられる。これはうれしい変更点だ


(C)D3PUBLISHAER



■ Xbox 360「ドリームクラブ ZERO」
今度の舞台は半年前のドリームクラブ! 3人の新キャラクターを加えて華やかにオープン!

発売日:今冬発売予定
価格:7,140円
対応機種:Xbox 360
ジャンル:恋愛シミュレーション



 ピュアな紳士しか入ることのできない会員制の社交場「ドリームクラブ」。個性的で魅力溢れる女の子と、お酒を飲みながらコミュニケーションを楽しむという衝撃的な手法で人気を博し、「ピュア」という言葉を全国に広めた恋愛シミュレーション「ドリームクラブ」に新作「ドリームクラブZERO」が登場。

 前作からおよそ半年前のドリームクラブを舞台に、新たに「遥華、」、「ノノノ」、「あすか」という3人の女の子が登場。歌と踊りを楽しめるカラオケモードはエフェクトの追加やカメラワークの向上でさらに興奮できる仕様になり、女の子をぐっと身近に感じられるミニゲームにも新作「お口あ〜ん」が追加されるなど、全てがパワーアップしている。今回のゲームショウでは試遊台が設置され、ゲーム内で2週間の時間を過ごすことができるようになっていた。ここでは本作のプレイレポートをお届けしていく。

新キャラクター、新ミニゲームの追加でますます興奮度がアップ。また、前作にもあったミニゲーム「オムライスラブ」なども引き続き採用されており、絶妙な難易度は相変わらずな様子だった

 筆者は今回新キャラクターの「あすか」を指名してみることにした。バレーからビーチバレーの選手に転向したと言う、日焼けした肌が特徴のスポーツ少女だ。前作同様、コスチュームの選択が出来るが「ドリームクラブZERO」では、さらに髪型のアレンジが可能になった。たかが髪型とあなどるなかれ、ちょっとしたコスチュームよりはるかに女の子の印象が変わる。これにより新キャラクターの3人だけでなく、前作に登場した女の子達とも新鮮な気持ちでコミュニケーションが取れそうだ。

髪型が変わると印象も大きく変わる。どれだけバリエーションが登場するのか、今後が楽しみだ

 あすかと一緒に席についたら自分と女の子のぶんの飲み物をオーダーし、楽しい時間がスタート。お酒を飲んで、ほろ酔い気分になることで打ち解け、より女の子のことを知ることができる「インタラクティブ飲酒システム(IIS)」から「エモーショナルトークシステム(ETS)」の流れは前作と変わっていない。女の子がなかなかお酒を飲んでくれなくてヤキモキするのもそのまま引き継がれている。

 今回は、じゃっかん紳士的ではないかもしれないが、「ドリームカクテルマグマ」をオーダーして、すみやかに2人ともほろ酔い状態にさせることにさせ、続く「ETS」状態ではあすかの性格をうかがわせるような内容のトークを引き出すことができた。また、前作にもあった女の子同士の交友関係だが、あすかにはアイリが対応しているようだ。アイリには彼女の肌が興味深くうつるということだったが、彼女達の関係も気になるところだ。

 大きく強化されたというカラオケも楽しもうと思ったが、今回は残念ながら女の子に断られてしまった。周囲のスタッフにたずねてみたところ、全てのキャラクターでちゃんとカラオケモードを遊べるようになっているとのことだったので、明日以降に試遊を考えている人はぜひ代わりに彼女達のカラオケを満喫してきてほしい。 ただ、試遊の時間は10分ほどなので、混雑が予想される一般開放日では女の子との会話か、カラオケか、コスチュームや髪型のカスタマイズか、自分の知りたい部分に集中する必要がありそうだ。

こちらがカラオケ中の写真。今回、筆者は残念ながら体験することはできなかった。ちなみに試遊台は大画面のモニターでプレイすることができるのでより迫力のあるステージを楽しめる

(C)D3 PUBLISHER



■ XBLA「バンガイオーHD ミサイルフューリー」
TGSオリジナルマップが遊べる迫力満点のプレイアブルが出展

発売日:2010年秋配信予定
価格:800MSP (1,200円相当)
対応機種:Xbox LIVE アーケード
ジャンル:シューティング


 1999年にニンテンドー64で発売されて以来、根強い人気に支えられて様々なハードでリメイクされてきた「バンガイオー」シリーズ初のHDリメイクタイトルとなる「バンガイオーHD ミサイルフューリー」。会場ではプレイアブルが出展されており、TGS特製のオリジナルステージを試遊することができた。

 基本的なゲームシステムは、サイドビュータイプの全方位シューティングに良く見られるもので、プレーヤーの自機となる「バンガイオー」を左スティックで操作し、右スティックの射撃を中心とした攻撃でステージ内に配置された敵を全て破壊していくことがゲームの目標となっている。今作では前シリーズとは異なり、移動方向と異なる方向への射撃が可能となったので、よりスムーズで扱いやすい操作が実現されていた。

 大きな特徴として「全方位攻撃」というシステムがあり、敵を倒すことで上昇するエネルギーゲージを消費することで、使用している武器に対応した全方位攻撃を発動させることができる。この全方位攻撃は周囲の敵の攻撃を巻き込むことで威力が増大する仕様となっているため、大量の敵が放つ弾幕を全方位攻撃で巻き込んで、さらに強大なカウンターとして放つゲーム展開は非常に爽快感の高いものとなっている。特に今作はシリーズ初のHDタイトルであり、画面を埋め尽くす美しい弾幕の嵐や、それらをすべて飲み込んでしまう圧倒の全方位攻撃は、プレーヤーの破壊衝動をさらに刺激してくれる次世代機ならではのビジュアルとなっていた。

プレイアブルではシリーズおなじみのアイテム「フルーツ」も確認。飛び交うミサイルの中に浮かぶシュールな姿はHDスタイルでも健在

 プレイアブルで試遊することができたステージは、今作の機能の1つである「マップエディタ」によって作成されたと思われる5つのオリジナルマップ。ステージの中には、「TGS」、「TOKYO GAME SHOW」などの文字型オブジェクトがあしらわれており、今作のマップエディタの自由度の高さをうかがい知ることができた。ゲームの難易度はステージの数字が上がるごとに高くなっているように見受けられ、最終ステージの「TGS-5」ステージでは、巨大なミサイルを大量に放出するボスキャラクターとの戦闘も体験することが可能となっていた。また、自機に搭載されている武器もステージによって変更されており、特に追尾機能を有する「HOMING」を装備した状態で放つ、敵の攻撃を限界まで巻き込んだ全方位攻撃は圧巻のグラフィックを見せ付けてくれていたので、試遊する際にはぜひとも挑戦して欲しい。

 ただし、来場の際に注意してほしいのは、今作の試遊台はD3パブリッシャーのブースに1台しか設置されていないという点である。試遊台ではプレイするステージを選択することができるようになっているので、混雑具合に応じて試遊するステージを絞っておくのもよいだろう。

Bangai-O HD(TM) & (C)2010 Treasure Co., Ltd. Distributed by D3Publisher of America, Inc.
Developed by Treasure Co., Ltd. All rights reserved. Dolby and the double-D symbol are trademarks of Dolby Laboratories.



■ PSP「維新恋華 竜馬外伝」
TGSオリジナルマップが遊べる迫力満点のプレイアブルが出展

発売日:11月25日 発売予定
価格:5,040円
対応機種:PSP
ジャンル:恋愛アドベンチャー



※イラストは開発中のラフイメージで、本編の正規イメージとは異なります

 女性向け恋愛アドベンチャーゲーム「恋華シリーズ」の最新作がPSPで登場した。「維新恋華」とタイトルも一新し、大河ドラマなどでブームに火がつき今もっとも熱い偉人「坂本竜馬」を題材にしたものになっている。今回出展された試遊台では、物語冒頭から主要な男性陣が出揃うまでの導入部分をプレイすることができた。手軽に物語の触りだけを楽しめる簡易版シナリオだったため個別のイベント等は体験できなかったが、本作の持つ独特な雰囲気を十二分に味わうことができた。森川智之や鈴村健一といった豪華声優陣による演技もフルボイスで堪能できる。

 主人公は坂本竜馬の幼馴染の少女になり、沖田総司や高杉晋作などの幕末の志士たちと出会い、恋をすることで激動の時代を様々な結末へ導いていく。選択肢で物語を進めていくメインイベントパートのほか、幕間には各キャラクターを指名できる会話パートがある。これは会話ポイントを消費してキャラクターとの親密度を深めるというもの。会話の際には指名する相手と、誰についての話をするのか選択することができる。消費するポイントによって会話内容が異なるため、誰に、誰の、どの程度深い話を振っていくのかというところが物語を左右する重要なポイントになってきそうだ。

 また、テキスト中に登場した歴史用語の解説をその場で参照することができる、シリーズではおなじみの辞書機能も搭載していた。その時代に起きた事件や登場するキーワードに関する詳細な情報をリアルタイムに確認することができるため、いわゆる「歴女」といった歴史に詳しい人がより物語を楽しめるようになっているのに加え、そうでない人でもストレス無く楽しめるようになっているのも評価できるポイントだ。

 11月25日発売予定の初回限定版は、なんとオリジナルシナリオである「天狗党襲来!」というボーナスシナリオが収録された豪華仕様になっている。試遊台をプレイして気に入ったら、こちらのスペシャルな初回限定版も検討して欲しい。

(C)2010 VRIDGE INC. (C)2010 D3 PUBLISHER

(2010年 9月 18日)

[Reported by 桃井サカコ(ねこひげ合同会社)]