最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

アルケミスト、新作&TGS出展情報記者会見を開催
PS3「うみねこのなく頃に」、Xbox 360「ぎゃる☆がん」を日替わりメインで出展


9月14日 発表


 株式会社アルケミストは、新作および東京ゲームショウ2010(TGS2010)出展情報についての記者発表会を都内で開催した。新作は、PS3用連続殺人幻想ノベル「うみねこのなく頃に 魔女と推理の輪舞曲」とXbox 360用3D眼(がん)シューティング「ぎゃる☆がん」の2作。アルケミストは、16日と18日は「うみねこのなく頃に」、17日と19日は「ぎゃる☆がん」と、交互にメイン出展タイトルを変えていく“日替わり形式”でブースを展開するとしている。




■ PS3「うみねこのなく頃に 魔女と推理の輪舞曲」

 PS3「うみねこのなく頃に 魔女と推理の輪舞曲」は、ビジュアルノベル「ひぐらしのなく頃に」を世に送りだした竜騎士07氏が手がける最新作。台風に閉ざされた孤島で発生する連続殺人事件。遺産相続、黄金伝説など王道ミステリーの要素を含みながら、“魔女”を名乗る怪しい人物から届く怪しげな手紙をきっかけに、物語は次第に“魔女幻想”ファンタジーに浸食されていく。「不可解な殺人は、すべて魔法によるもの」とする黄金の魔女ベアトリーチェと、「トリックはすべて人間で説明できる」と魔女を否定する右代宮戦人。このふたりによる魔法と推理の応酬でストーリーが展開していく。

 移植作となるPS3版のコンセプトは「原作を忠実に再現」。PC版で発表されている7エピソード(2010年9月現在)のうち、1〜4エピソードを収録。クリア後に出現する「お茶会」もすべて収録されている。ゲーム中のBGMは、原作と同じものを採用。グラフィックはフルHD(1,920×1,080ドット)に完全対応。キャラクターデザインは、江草天仁氏とFFC氏が担当。基本となる立ちグラフィックは、ベアトリーチェだけで500パターン以上。世界観を忠実に再現した背景、イベントのカットインなど、ユーザーを飽きさせない工夫を随所に施しているとしている。音声はフルボイス仕様。主題歌「誓響のイグレージャ(歌:KOKOMI)」は、株式会社5pb.代表取締役の志倉千代丸氏がプロデュースを担当。12月16日発売予定で、価格は8,379円。販売店によって、予約特典「真実のペン(赤・青)2本セット」が進呈される。

 会見には、プロデューサーの中川滋氏、原作者の竜騎士07氏、キャラクターデザインの江草天仁氏とFFC氏が出席。本作の魅力について、竜騎士07氏は「ミステリーとファンタジーを同時に描いた作品。古典的な密室殺人とファンタジー的なストーリーを並べて、同時に楽しめる、相反する、矛盾した世界観。この作品がミステリーなのか、ファンタジーなのかを問う、矛盾したことがテーマの作品です」と説明。エピソード1は古典的な密室殺人、エピソード2は一転してファンタジー、エピソード3と4でようやくミステリーとファンタジーが並び立ち互いを論破していく形になっているという。「密室殺人は解ければ立派なミステリーだが、もし思いつかず魔女の仕業と認めたらファンタジーになる。魔女と主人公の“推理と幻想の対決”を楽しんでもらえるとうれしい」とコメント。「半年ごとにユーザーの反応を見て、うまくさじ加減を変えていた」という竜騎士07氏。「プロローグのエピソード1、凄く難関なエピソード2、救済のエピソード3、まとめのエピソード4。書きながら凄くスリリングな2年でした」と1〜4までの期間を振り返る。

 登場人物が多すぎるため、キャラクタについては江草天仁氏とFFC氏でそれぞれ作業を分担。江草氏は女性キャラとバトラを、FFC氏は男性キャラとさくたろうを担当したという。「異性の方が描く異性って、いいですよね。今回、まさにそれがうまい感じで」という江草氏に、竜騎士07氏「うちで監修するときも、女性キャラを監修するのは男性スタッフ、男性キャラを監修するのは女性スタッフなんですよ」と同意。同性のキャラに対しては「まぁ、こんなもんじゃない?」とぞんざいになるが、異性だと「ウエストはもっと細くなきゃダメ」、「スカートはもっと短くないとダメだよね。あと胸もたりないよね」など、途端にチェックが厳しくなるというから面白い。

 「『ひぐらしのなく頃に』からのテーマで、子供だけじゃなく大人も描きたいというイメージがあった。本作では特に“親族会議”ということで、世代が散るように描いた。うちの作品は、普通の作品に比べるとあまり出ない世代が出てくる。あと、クローズドサークルに反抗して。クローズドサークルって本来、登場人物が確定したら絶対に増えないんですけど。クローズドサークルという世界観なのに、毎回新キャラが増えるというのがうちのセオリー。エピソードが4つ終わってみたら、見開きに何人も……私も何人いるかよくわからないような状況になってしまう。クローズドサークルなのに、どうしてキャラが増えるんだ? そこもまたミステリー(笑)」という竜騎士07氏。「私個人は、今年の冬でエピソード8、4年かかった作品を締めくくるつもりでいる。本作が12月に出るということで、節目になったなぁと。奇麗なPS3版に負けないように原作を完結させたいと思います」とコメントした。


中川滋氏 竜騎士07氏 江草天仁氏 FFC氏

ロゴ パッケージイラスト

【メインビジュアル】
エピソード1 エピソード2 エピソード3 エピソード4

【キャラクター:人間】
戦人 金蔵 蔵臼 夏妃
朱志香 絵羽 秀吉 譲治
留弗夫 霧江 楼座 真里亞
源次 紗音 嘉音 郷田
熊沢 南條

【キャラクター:魔女】
ベアトリーチェ ルシファー レヴィアタン サタン
ベルフェゴール マモン ベルゼブブ アスモデウス

【スクリーンショット】

【イベントCG】




■ Xbox 360「ぎゃる☆がん」

成田悟氏

 Xbox 360「ぎゃる☆がん」は、プロデューサーの中川氏が「バカゲー」と公言する新感覚ドキドキ3D眼(がん)シューティング。見習い天使「ぱたこ」の放った矢がヒットした主人公は、一日限定のモテ男に変身。言い寄ってくる女の子たちを「眼力(通称:フェロモンショット)」でなぎ払い、お目当ての女の子を目指しステージを進んでいく。中川氏によれば、CEROレーティングは「B〜Dになる。Zはない」という。

 メインヒロインのほか、ゲーム中には66人の女の子が登場。打たれた場所でリアクションが変化するほか、一般的なガンシューティングのヘッドショットに相当する“エクスタシーショット”と対応する弱点部位(エクスタシーポイント)が存在。女の子をメロメロにする「ドキドキモード」に突入すると、ひとりの女の子をさまざまな角度から鑑賞し、見る(撃つ)ことが可能。ゲージをMAXにすると、個別に用意されたパーソナルデータをゲット。パーソナルデータには、所属する部活、スリーサイズ、エクスタシーショットのポイントやドキドキモードで感じる場所などの攻略情報が記載されている。ステージを進めていくと、ボス戦に相当するアクションイベントが発生する。

 会見には、開発元である株式会社インティ・クリエイツから開発担当の成田悟氏が出席。本作は社内コンペが発端で「あまりロクなことを考えないというか、ただただガンシューティングゲームを美少女でやってみたい! その想い1点のみで始まった。足掛け3年という歳月をかけて本日の発表を迎えた。完成までまだしばらく時間がかかる予定。妄想、リビドーが詰まっているが、それだけでは終わらない、ゲームとして楽しめるものを目指して最後まで突っ走っていきたい」とコメント。「過去、女の子が襲い掛かってくるというゲームがあったのか!? 珍しいと思います」という成田氏。個人的に「バージョンアップでキネクトに対応しないかなぁと」と素直に思ったが、それはそれで倫理的な問題が増えそうな気がしないでもない。今冬発売予定で、価格は未定。


成田氏がデモプレイを披露。ドキドキモードでゲージをMAXにして昇天させるとプロフィールがゲットできる。色々な意味で「大丈夫かこのゲーム(と中川さん)」と心配になる

ロゴ メインビジュアル

【メインキャラクタ】
ぱたこ(CV:田村ゆかりさん)
野々宮かなめ(CV:寺本來可さん)

火吹晶(CV:内村史子さん)

桜咲薫子(CV:内田真礼さん)

兎野葵(CV:山本希望さん)

【スクリーンショット】
シューティングパート
ドキドキモード


● 「ぎゃる☆がん」のメインヒロインに10の質問!!

【1.キャスティングはオーディションで決まったそうですが、オーディションに合格したときの感想は?】

寺本さん: 嬉しい!その一言です!!

内村さん: 違う役の候補もあったので、そっちか!という想いと嬉しいのとで、ただただビックリしました。

内田さん: え・・・!?“薫子”の方ですか!?

山本さん: まず、頭がボーっとしました。そして、24時間経過してから「よっしゃー!!」って叫んで走り回りました。

【2.印象に残っているセリフやシーンはありますか?】

寺本さん: かなめちゃんが怪物に襲われるシーンです!! 皆さん頑張って助けてあげて下さいっ(笑)

内村さん: あたしの兄ちゃんスゴイだろ!というところですね。あれ、ブラコン?ってびっくりしました。

内田さん: テンゾウを踏みつけているシーン(笑)。スタッフさんに評判良かった(笑)。

山本さん: フェロモンショットのときのあーんなセリフやこーんなセリフです。恥ずかしかった〜〜。

【3.役作りにあたって、気をつけたこと、苦労したことなどがあれば教えてください。】

寺本さん: 普段は人と話すときに、落ちついていることがないので、ぽや〜っとかなめちゃんペースで過ごしました!!

内村さん: 男っぽくならないように、きちんと乙女で女の子!な感じになるように気を付けました。

内田さん: かわいくなりすぎないように気をつけました。お姉さんなので。

山本さん: 葵ちゃんはロック少女なんですけれど、私はあまりロックになじみがなかったので、役作りの為にギターを始めました。そして、収録時に毎回ギター持参で挑みました。

【4.どんなキャラクターですか?】

寺本さん: 天然でおっとりですが、いいツッコミを入れてくれます! 優しくてとっても良い子です。

内村さん: いわゆるツンデレですね。でも中身は女の子、それもかなりの乙女なので、そのギャップを楽しんで欲しいです。

内田さん: ワガママお嬢様。だけど、根は優しい子なんです。ちょっと世間とズレてるだけ♪

山本さん: 見ためは小さくて、うさみみがはえてる(笑)。ロリッ娘なんですけれど、心に持っているロック魂はめちゃめちゃ熱い娘です。

【5.主人公テンゾウは、どんな男の子ですか?】

寺本さん: 草食系(内村さん談)です!! エロの子だと思います(笑)。

内村さん: 最近流行っているらしい草食系男子ですね。そしてオタクで変態で…(笑)。

内田さん: 草食系男子。将来、お嫁さんの尻にしかれるタイプ(笑)。

山本さん: アホな人?(笑)でも優しい人(ハート)。

【6.4人で主題歌を歌っているそうですが、どんな曲ですか?】

寺本さん: 恋する乙女の気持ちを歌ったとっても可愛い曲です!! 可愛くて大好きなので、皆さんにも気に入っていただけたら嬉しいです。

内村さん: とても明るくポップな感じで、片思いをしている女の子の心中を語っている曲です。

内田さん: POPでCuteな曲です♪『ちょっとまって♪』がスキ♪。

山本さん: 歌詞をみて片思いのせつない曲かと思ったら、片思いだけどポジティブなかわいい曲でした。

【7.レコーディングは初めてですか?そのときの様子などをお聞かせください。】

寺本さん: 歌った声を録音することはあまりないのでワクワクしました。余談ですが、キャラソンだと思って歌ったので、自分じゃなかった……カモ(笑)。

内村さん: お仕事では初めてでした。やはり4人で歌うということもあって、他の人に音や尺を合わせることが大変でした。

内田さん: 初めてです。カメラが入っていたんですけど、それをチラチラ見てしまいました。見ちゃうよねぇ(笑)。

山本さん: 初めてでした。私のパートは、まあやちゃんと一緒なんですが、私は後録りだったので、まあやちゃんのテンポに合わせるのが大変でした。でも最終的にはまあやとフュージョンできたよ(ハート)。

【8.4人それぞれのエンディング曲があるそうですが、どんな曲ですか?】

寺本さん: かなめの曲は、難しい!! とても難しかったですが、とても良い曲なので、気に入ってもらえると思います。

内村さん: 晶の曲は、そのまま晶を表していると思います。振られたってあきらめない!という想いを前面に押し出してますね。

内田さん: 薫子の曲は、バラードです。生のバイオリンがステキですよ!!

山本さん: 葵ちゃんの性格がガンガン出ている歌詞とロックな曲調でノリノリなED曲です。

【9.このゲームの見どころ、オススメのポイントなどを教えてください!】

寺本さん: フェロモンショットを打ちまくれ!! ただのぎゃるゲーではありませんよっ!! ぜひプレイして下さい!

内村さん: 女の子たちのあーんなセリフやこーんな表情など、主人公にしか見せないものも盛り沢山なので、ぜひ完全クリアを目指して頑張ってください。

内田さん: フェロモンショット!ギリギリラインまで頑張ってます(笑)。

山本さん: 学校中の女の子がみーんなテンゾウ(あなた)のトリコ(ハート)そんな夢のようなゲーム!! 今までにありそうでなかったチャレンジャー精神おおせいなゲームです!

【10.これからプレイしようとしている皆さんにメッセージをお願いします!】

寺本さん: 「ぎゃる☆がん」期待を裏切らないですよっ!! とにかく軽い気持ちで楽しんで下さいっ!!

内村さん: やりこみ要素満載です!全員コレクションしてくださいね!あなたのお気に入りの子を見つけてください!

内田さん: 女の子をバンバンうちまくりたいかー!! うってくだ……さい!! (笑)。ということで、発売まで、もうすこーし♪お楽しみに♪♪

山本さん: モテモテになるシチュエーションをぜひ皆さん体験して下さい!! 60人近くの女の子にモテるなんて「ぎゃる☆がん」買わなきゃ味わえないですよ!





■ 東京ゲームショウ2010出展情報

煉獄の7姉妹

 アルケミストは、TGS2010にて「同社初(中川氏)」という一般ブースに出展。演出の目玉は、今回発表された2タイトルをフィーチャーした「痛車」。右側面と背面に「うみねこのなく頃に」、左側面と全面に「ぎゃる☆がん」がデザインされている。

 「ブースのなかに車を入れちゃうと、何もできなくなるくらい大きい。(同時に)両面を見せることができないので、完全にわりきって『初日は“うみねこ”しかやらない』と。翌日は『ぎゃる☆がん』と、日によってやることを割ることにしました」という中川氏。記事冒頭で述べたとおり、16日と18日は「うみねこのなく頃に(うみねこDAY)」、17日と19日は「ぎゃる☆がん(ぎゃる☆がんDAY)」と、メイン出展タイトルを変更。

 うみねこDAYは、ゲーム中に登場するセクシーなキャラクタ「煉獄の7姉妹」を模した7人のコスプレーヤーがブースに登場。10時、11時、12時、13時、14時、15時、16時は、7人が勢揃いするフォトセッションが行なわれる。また、会場内を徘徊する「従者の山羊」を発見したら、背中に記されている“合言葉”をチェック。合言葉をアルケミストのブーススタッフに伝えれば「黄金のインゴット(POP)」がもらえるといった趣向になっている。本イベントは4日通して行なわれるが「合言葉はコロコロ変える(中川氏)」といい、なくなり次第終了となるため欲しい人は早めにチェックしたほうがいいかもしれない。

 ぎゃる☆がんDAYは、「ドキドキモード」に特化した特別バージョンの試遊台を設置。プレイした人には特製ポストカードがプレゼントされる。また、ブースではピンク色のTシャツを着たコンパニオンさんと水着ギャルを大フィーチャー。試遊台でプレイしている人が「ドキドキモード」に突入した場合、ブース奥から水着ギャルが登場! すぐさまスタッフが水鉄砲でバンバン水着ギャルを撃ちはじめるというイベントが終日(!)行なわれる。中川氏に「それお客さんが撃つべきでは?」と質問すると「恥ずかしがってやってもらえないケースも予想されますので」といい「念のため。ポロリはありません。遠巻きに見て楽しむイベント」とコメント。同社ブースは終日撮影オーケーといい、一般日は殺人的な混雑が予想される。なお「ぎゃる☆がん」は同社ブースのほかマイクロソフトブースにもプレイアブル出展される。混雑していてプレイできないときは、ダメモトで移動するという手もありそうだ。


【痛車】
うみねこ側 ぎゃる☆がん側

従者の山羊 インゴッド 従者の山羊とインゴッド。当日は黒いスーツを着用して会場内を徘徊するという

【「ぎゃる☆がん」試遊台】
ビジネスデイの17日はともかく、一般公開日の19日は「ドキドキモード」になった瞬間、どんな様相を呈するのやら。想像しただけで戦慄を禁じえない



「うみねこのなく頃に」:(C)竜騎士07・07th Expansion / Alchemist 発売元:加賀クリエイト株式会社
「ぎゃるがん」:(C)INTICREATES CO.,LTD. / Alchemist

(2010年 9月 14日)

[Reported by 豊臣和孝]