最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

オフィスクリエイト、Wii「ベビーシッターママ」

赤ちゃん人形を使って子守体感アクション!!


12月2日 発売予定

価格:6,090円



赤ちゃん人形も付いて、お値段は6,090円

 株式会社オフィスクリエイトは、「クッキングママ」シリーズの新作として、赤ちゃんをあやしたりお世話を楽しめるWii用子守体感アクション「ベビーシッターママ」を12月2日に6,090円で発売する。ソフトだけでなく赤ちゃん人形も同梱される。

 「ベビーシッターママ」は、赤ちゃんのお世話がゲームを楽しみながら体感できるソフト。同梱の赤ちゃん人形の背中にWiiリモコンの外部拡張コネクタが頭に来るように入れ、本物の赤ちゃん同様にかかえるように抱いてあやしたり、様々なお世話が楽しめるのが大きな特徴。ヌンチャクを使いミルクをあげたりガラガラを鳴らして機嫌を取るなどのアクションも可能。赤ちゃんが泣くとWiiリモコンのスピーカーから鳴き声が聞こえるなどリアルな演出も用意されている。

 オフィスクリエイトはこれまでにも「クッキングママ」など子供を対象としたタイトルを多数手がけており定評がある。「ベビーシッターママ」もシリーズ作の一環となり、シリーズを楽しんできた子供達にとっては同様に楽しめるタイトルと言えるだろう。

 なお、「ベビーシッターママ」は東京ゲームショウ2010において一般日に開設される「ファミリーコーナー」において実際に遊ぶことができる。


【赤ちゃん人形】
パッケージに同梱される赤ちゃん人形。ヌンチャクを外部拡張コネクタに入れ、Wiiリモコンを背中にセットしてゲームを楽しむ
「クッキングママ」などを作ってきたオフィスクリエイト制作による「ベビーシッターママ」。キャラクターデザインもシリーズ作品を踏襲してきている

 登場する赤ちゃんは5人以上。それぞれ肌の色が違うほか、若干性格付けも変えられているという。赤ちゃん1人につきそれぞれ世話や子守などシチュエーションが用意されており、泣いていれば笑顔にしてあげ、不機嫌であればゆりかごを揺らしながらやさしく寝かしつけてあげることになる。

 いつも家の中ではなく、時には公園であやすことになるなど、いろいろな状況がある。ゆりかごのほかにもベビーカーや、シーソーなど赤ちゃんを上手く遊ばせ、笑顔にさせてあげよう。

【赤ちゃんをあやす】

 あやす以外にも、ミルクをあげたり、ガラガラであやしたり、ゲップを促してあげたり赤ちゃんのお世話をシミュレートできる。ミニゲーム形式でクリアしていくことになるが、その数は40種類以上にも及ぶ。

【いろいろなお世話をする】

 ゲームを進めていくと、赤ちゃんのお世話をしているときにハプニングが起こることがある。たとえばお鍋をかけっぱなしにしていてお料理が焦げそうになり火を止めに走っていったり、にわか雨が降り始め洗濯物を取り込まなければならなくなったり、突発的に発生する。

 これらのトラブルに対処するミニゲームをクリアしなければならない。こちらも10種類以上がランダムで発生するので、何が起こるかはその時々のお楽しみと言える。

【ハプニング発生!!】

 「ベビーシッターママ」は、最大2人で遊ぶことができる。それぞれが好きな赤ちゃんを選びヌンチャクを使ってプレイすることとなる。このときは画面が上下2分割となる。「あんよはじょうず」などいくつかのミニゲームを収録。

【お友達とも遊ぶことができる】

 赤ちゃんのお世話だけではなく、いくつかのお楽しみも用意されている。その1つは写真を撮影してアルバムを残すというもの。赤ちゃんをあやしながら笑顔をパチリと撮影し写真を残すことができる。

 このほかにも、プレイしてきたミニゲーム(お世話)が記録され1冊の本にまとめられ「いくじひゃっか!」として残ることになる。ここに記録されたミニゲームはいつでもプレイできる。

 「ベビーシッターママ」の対象としては、新しく生まれてくる子供のお兄ちゃん、お姉ちゃんが想定されており、このゲームをプレイすることで様々なことが学べることだろう。また、子供が生まれてくる若いパパ、ママもこういったゲームで盛り上がるのも良いのでは無かろうか。

【アルバム作成など楽しめる】

(C) 2010 COOKING MAMA LIMITED / Published by OFFICE CREATE
※ゲーム画面は開発中のものです。

(2010年 9月 13日)

[Reported by 船津稔]