最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

バンダイナムコ、PS3/Xbox 360「ENSLAVED ODYSSEY TO THE WEST(仮)」
近未来を駆け巡る北米発新感覚・西遊記アクション


発売日 未定

価格:未定


 株式会社バンダイナムコゲームスは、アクション・アドベンチャーゲーム「ENSLAVED ODYSSEY TO THE WEST(仮)」をプレイステーション 3とXbox 360の2機種で発売する。発売日、価格共に未定。

コンセプトアート

 「ENSLAVED ODYSSEY TO THE WEST(仮)」は、数十年にわたる戦争で破壊された世界を舞台にMonkeyとTripの冒険を描いたアクション・アドベンチャーゲーム。本作の特徴としては、近未来の終末世界を描いているが、登場人物やギミックなどは「西遊記」の世界観をモチーフにしているところにある。制作はPS3「Heavenly Sword 〜ヘブンリーソード〜」(全世界で120万本以上の売り上げを記録)を手がけたNinja Theory。脚本を担当するのは、Alex Garland(※1)とNinja Theoryのデザイン責任者Tameem Antoniades。主役を演じるAndy Serkis(※2)は、本作のパフォーマンス監督も担当している。

※1:Alex Garland(アレックス・ガーランド)は、英国出身の小説家兼映画脚本家。「The Beach」で小説家としてデビュー。のちにこの小説をダニー・ボイル監督、レオナルド・ディカプリオ主演映画の脚本に改作する。その後、「28 Days Later and Sunshine」の脚本を書く。また、映画「28 Days Later(邦題「28日後...」)」のエグゼクティブプロデューサーも務めた。

※2:Andy Serkis(アンディ・サーキス)は、最高のパフォーマンスキャプチャー俳優の1人として広く認められている。映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのゴラム役とピーター・ジャクソンの「キングコング」の主役のキングコングで知られており、アンディはゲームのモーション・キャプチャーに豊かな知識と経験をもたらした。 また、Andy Serkisは以前にNinja theoryと一緒に仕事をしており、「Heavenly Sword 〜ヘブンリーソード〜」のキング・ボハン役や本プロジェクトのドラマディレクターも務めている。


【ストーリー】

数十年にわたる戦争、飢饉、社会不安によって、世界は破壊され続けてきた。
そして戦争は、凶悪なロボットによって行なわれるところまでに行き着く……。

結果、世界は多くの人間を失い、
生き残った者たちは謎の奴隷売買人によって捕えられていった。

荒々しく多彩な運動能力の持ち主のMonkey、
技術通で若い女性のTrip。

2人もその奴隷売買人に捕えられていた。

Tripが奴隷飛行船内で起こした爆発に乗じ、
ニューヨークシティに逃げ込むことに成功した2人。

爆発のショックで気を失っていたMonkeyに、
Tripは奴隷のヘッドバンドをつけることで彼を従わせる事にする。
命令に従わなければ、彼女は彼に痛みを与えて死に至らしめる事ができる。

Tripはそのヘッドバンドをはずして欲しかったら、ニューヨークシティから
遠く離れた家に帰るための援助をするようにMonkeyに告げた……。


世紀末を描いた作品といえば、茶色と灰色の世界が大半であったが、本作の世界は緑色と動物の姿が多く見られる。これは植物と生命を意味し、荒廃した世界に満ち溢れた明るい将来の映像を映し出しているからだという
如意棒と禁箍児(きんこじ)、その姿はまさに「西遊記」に登場する孫悟空! 公式サイトで公開されているプロモーションビデオでは、水面を走る筋斗雲の姿も?


【登場キャラクター】


■ Monkey
 荒々しく謎めいた人物。多彩な運動能力の持ち主で、爽快なアクションを体感できる。彼は肉体や如意棒を武器に、ロボットと戦っていく。

■ Trip
 20代前半の美しい女性で、ストーリーを進める上での重要人物。彼女の技術力と障害物を通り抜ける華奢な体型は、プレーヤーの助け役になる。


コンセプトアート:Monkey Monkey&Trip コンセプトアート:Trip




■ シンプルな操作で、爽快なアクションを体感

 シンプルな操作で、広大なステージをボタン1つで飛びまわれる“素早く移動する爽快アクション”。如意棒と打撃を中心に、敵ロボットを粉々に砕く“激しいアクション”。そして、Monkeyが行くことができない場所へTripを投げて罠を解く、どちらかが敵をひきつけて敵を倒すなど、MonkeyとTripの2人が協力することで道が開かれる“協力アクション”。このような多彩なアクションがシンプルな操作で楽しむことができることも、本作の魅力の1つとなっている。また、全身のモーションブレンド(body blend shape system)の導入により、筋肉の自然な動きやロボットの動きに違和感をなくし、自然な動きを再現しているという。


【スクリーンショット】
ニューヨーク市、ロサンゼルス市、崖の上の村、腐食して油で満たされたロボットの墓場など、戦争の爪痕が残る未来世界をイメージしたステージが用意されている
Monkeyは、如意棒と打撃を中心にした攻撃で敵と戦っていくが、マシンガンなどの銃器(サブウェポン)も用意されているようだ
本作に登場する敵は全てロボット。人型のロボットをはじめ、凶悪で巨大なロボットたちがMonkeyとTripに襲い掛かってくる

コンセプトアート

敵ロボット


※画面は開発中のものです。
(C)2010 NBGA. Created by Ninja Theory Ltd.

(2010年 6月 29日)

[Reported by 志賀康紀]