最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

日本HP、4機種9モデルのゲーミングPCを発表
「ファイナルファンタジー XIV 冒険Ready PC」にはβテストアカウントが同梱

6月17日 発表



 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は6月17日、デスクトップPCの夏モデルを発表し、同社直販サイト「HP Directplus」及び量販店での販売を開始した。今回の製品展開にあたり「エンターテイメント性の強化」を掲げる日本HPでは、4機種9モデルのゲーミングPCをラインナップ。タワー型からモニタ一体型まで幅広いバリエーションを取り揃えている。

 目玉となるのは、フラグシップモデルとなるミニタワー型の「HPE 290jp/CT」(直販モデル)。「ファイナルファンタジー XIV 冒険Ready PC」と名付けられ、CPUにCore i7-960、ビデオカードにNVIDIA GeForce GTX 260、メインメモリー12GB(最小構成時)を搭載するなど、「ファイナルファンタジー XIV」が快適にプレイできる環境を完備。さらに、購入特典として「ファイナルファンタジー XIV」のWindows版βテストに参加できるIDが同梱される。「ファイナルファンタジー XIV 冒険Ready PC」は、日本HPの直販サイト「HP Directplus」にて1,000台限定で販売される。

 このほか「ファイナルファンタジー XI」推奨認定モデルの「HPE 290jp/CT」、「タワー オブ アイオン」推奨認定PC「HPE 280jp/CT」、「モンスターハンター フロンティア」推奨PC「s5450jp」など、各種人気オンラインゲームの推奨PCを各種用意。PCゲームユーザーに幅広い選択を与えるラインナップを実現している。本稿では日本HPの夏モデルのうちゲーミングPCのラインナップを詳しくご紹介していく。



■ 省スペースにこだわり。ミニタワー、スリムタワーのゲーミングモデル

フラグシップモデル「HPE 290jp」の内部。マザーボードが倒立配置されており、排熱の効率を向上させている点が特徴的

 日本HPが夏モデルとして発表した製品ラインナップは、デスクトップタワー型3機種、モニタ一体型・タッチパネル対応2機種、モニタ一体型・チューナー搭載タイプ2機種の計7機種。そのうちゲーミングモデルはタワー3機種、タッチパネル1機種の計4機種となっている。全機種で省スペースが意識されており、ハイエンドに位置するタワー型もミニタワー、スリムタワーと、比較的小型のシャーシが採用されている。

 このためタワー型のモデルでも大型ビデオカードは搭載不可となっており、各モデルにはGeForce GTX 260/GT230/GT320あるいはATI Radeon HD 5770/HD5570といったミドルハイクラスのビデオカードを採用。しかしCPUに関しては全モデルでIntel Core i7 900/800シリーズ、Core i5 700シリーズ、あるいはAMD Phenom II x6 1090T/1035Tといった4コア以上のハイエンドCPUを搭載し、高性能を確保した。

 各モデルともに省スペース、省電力のハイパフォーマンスPCという位置づけであり、幅広いPCゲームユーザーにごく現実的な選択肢を提示する点が本ラインナップの特徴と言える。タッチパネル搭載モニタ一体型の「Touch Smart 600」でも「タワー オブ アイオン」推奨認定モデルを用意するなど、コンパクトな筐体で高性能を実現する点にこだわりがある。

 また直販サイト「HP Directplus」モデルは全機種を東京・昭島の工場で生産。国内生産の強みを生かしたキメ細やかなカスタマイズメニューを提供する。CPUから光学メディアにいたるまで、ユーザーの指定に応じて100万通りもの組み合わせが可能(関係者談)だという。以下ご紹介する各機種のスペックは最小構成時のもの。

全モデルがミニタワー以下のコンパクトサイズながら、ゲーミング用途に適したスペックを実現している。タッチパネル搭載のモデルも用意


・「ファイナルファンタジー XIV 冒険Ready PC」キャンペーンモデル「HP Pavilion Desktop PC HPE 290jp/CT」

 夏モデルのフラグシップ直販モデル「HPE 290jp/CT」はミニタワータイプのデスクトップゲーミングPC。あくまで「ファイナルファンタジー XIV 冒険Ready PC」であり、「ファイナルファンタジー XIV」推奨PCではない点に注意が必要だが、現在開発中の「ファイナルファンタジー XIV」オフィシャルベンチマークは快適に動作する。

 最小構成時でCPUにCore i7-960を搭載。よりパワーを求めるユーザーはCore i7-980 Extreme Editionまでへのアップグレードが可能。さらにメインメモリーは12GBと潤沢に搭載している。ビデオカードについては、NVIDIAでGeForce GT320まで、ATIでRadeon HD5770までとなる。

 特筆すべきは、スクウェア・エニックスにて現在開発中のオンラインRPG、「ファイナルファンタジー XIV」のWindows版βテストIDが同梱されること。直販サイトで限定1,000台のみの販売となるが、本モデルを購入したユーザーは必ず「ファイナルファンタジー XIV」のβテストに参加できる。

【HP Pavilion Desktop PC HPE 290jp/CT (直販モデル)】
OS Windows 7 Home Premium 64bit
CPU Intel Core i7-960 (980Exまでアップグレード可)
VGA NVIDIA GeForce GTX 260
メモリー 12GB
HDD 1TB
光学メディア DVDスーパーマルチドライブ
価格 164,430円より (HP Directplusでのみ販売)

「ファイナルファンタジー XIV 冒険Ready PC」というだけあり、日本HPでは開発中のベンチマークで動作確認を行なっている。画像のような映像品質で快適なフレームレートが達成できるという


・「ファイナルファンタジー XI」推奨認定PC「HP Pavilion Desktop PC HPE 290jp/CT」

 こちらは量販店向けのフラッグシップモデル。「ファイナルファンタジー XI」推奨認定モデルとなっており、同作の推奨環境を楽に満たしたハイスペックを実現している。CPUにCore i7-930を搭載。メインメモリーは直販モデルと同じ12GBで、HDDを4TB、光学メディアとしてBD-RE/DVDスーパーマルチドライブを搭載するなど直販モデルを凌駕する点もある。


【HP Pavilion Desktop PC HPE 290jp/CT (量販店モデル)】
OS Windows 7 Home Premium 64bit
CPU Intel Core i7-930
VGA NVIDIA GeForce GTX 260
メモリー 12GB
HDD 4TB
光学メディア BD-RE/DVDスーパーマルチドライブ
想定店頭価格 20万円前後


・「タワー オブ アイオン」推奨認定PC「HP Pavilion Desktop PC HPE 280jp/CT」

「ATI Eyefinity」による3画面環境

 「タワー オブ アイオン」推奨認定PCとしてCPUにCore i7-860を搭載。メモリは4GBを搭載するなど、総合的にミドルハイクラスのスペックとなっている。特筆すべきはビデオカードにATI Radeon HD5770を搭載すること。これによりビデオカード1枚で3画面以上のマルチモニタを実現する「ATI Eyefinity」に対応する。「タワー オブ アイオン」など各種のゲームをスーパーワイドスクリーンでプレイできるほか、広大なデスクトップ環境を構築可能だ。


【HP Pavilion Desktop PC HPE 280jp/CT】
OS Windows 7 Home Premium 64bit
CPU Intel Core i7-860
VGA ATI Radeon HD5770
メモリー 4GB
HDD 1TB
光学メディア DVDスーパーマルチドライブ
価格 119,910円より (HP Directplusでのみ販売)


・「ドラゴンネスト」推奨認定PC、「HP Pavilion Desktop PC p6570jp/p6595jp」

 量販店で10万円前後の店頭価格が想定されているミニタワー「p6570」および「p6595」は、CPUにCore i5-750 / Core i7-860を搭載するミドルクラスのゲーミングPC。「ハンゲーム じっくりゲーム動作確認モデル」としてNHN Japanの最新オンラインRPG「ドラゴンネスト」推奨認定を受けている。

 それぞれOSに32bit版のWindows 7 Home Premium、GPUにNVIDIA GeForce 315、メインメモリーを4GB、HDDを1TB搭載する点が共通。光学メディアは「p6570」がDVDスーパーマルチドライブ、「p6595」がBD-RE/DVDスーパーマルチドライブとなっている。


【HP Pavilion Desktop PC p6570jp/p6595jp】
モデル名 p6570 p6595
OS Windows 7 Home Premium 32bit
CPU Core i5-750 Core i7-860
VGA NVIDIA GeForce 315
メモリー 4GB
HDD 1TB
光学メディア DVDスーパーマルチ BD-RE/DVDスーパーマルチ
店頭想定価格 9万円前後 12万円前後


・「モンスターハンター フロンティア」推奨PC「HP Pavilion Desktop PC s5450jp」

 こちらは占有面積が小さいスリムタワータイプのゲーミングPC。バリエーションとして「WR890AV-AAAA」、「WR890AV-AAAB」、「WR890AV-AAAC」の3タイプが用意されている。いずれも「モンスターハンター フロンティア」推奨PCとなっており、「AAAA」モデルでCPUはIntel Core i7-750、メモリは4GB、HDDは1TB、GPUはNVIDIA GeForce 315を搭載。スリムな筐体に必要十分なゲーミング性能を詰め込んだ。また、全バリエーションに共通して21.5インチワイドもしくは23インチワイドモニタ、および「Office 2010 Personal」が標準添付される。


【HP Pavilion Desktop PC s5450jp】
モデル名 AAAA AAAB AAAC
OS Windows 7 Home Premium 32bit 同 64bit
CPU Core i5-750
VGA NVIDIA GeForce 315
メモリー 4GB 6GB 8GB
HDD 1TB 1.5TB 2TB
光学メディア DVDスーパーマルチ BD-RE/DVDスーパーマルチ
店頭想定価格 15万円前後 19万円前後 22万円前後


■ タッチパネル搭載型ゲーミングモデルも用意

・「TouchSmart PC 600」シリーズ

 「TouchSmart PC 600」シリーズは、23インチフルHDのタッチパネル搭載モニタと一体型となったゲーミングPC。直販モデルと量販店モデルであわせて4モデル「600-1240jp」、「600-1260jp」、「600-1270jp」、「600-1290jp」が用意されており、価格は109,830円から25万円前後となっている。

 全モデル共にエヌシージャパンのオンライン麻雀ゲーム「雀龍門」ゴールド推奨認定PCとなっており、タッチパネルで麻雀をプレイすることが可能だ。また最上位モデルの「600-1290jp」ではCPUにCore i7-820QM、ビデオチップにGeForce GT 230を搭載し、「タワー オブ アイオン」推奨認定PCとして3Dオンラインゲームにも万全に対応。

 また各機種ともに「HP TouchSmart Twitter」、「Paint it!」といったタッチパネル用アプリケーションがプリインストールされ、上位3モデルにはTVチューナーを搭載。オールインワンタイプのPCとして必要なものを全て取り入れた構成となっている。なお、「1240jp」、「1260jp」は直販のみ。「1270jp」、「1290jp」は直販および量販店で販売される。

【HP Pavilion Desktop PC s5450jp】
モデル 1240jp 1260jp 1270jp 1290jp
OS Windows 7 Home Premium 64bit
CPU Core i3-330m Core i3-430m Core i7-820QM
VGA CPU内蔵 GeForce G210 GeForce GT230
メモリー 4GB 8GB
HDD 640GB 1.5TB
光学メディア DVDスーパーマルチ BD-RE/DVDスーパーマルチ
モニタ 23インチ 1,920×1,080ドット
TVチューナー なし 搭載
価格 109,830円 129,990円 19万円前後 25万円前後


 最後に、日本HPでは今回の夏モデルに合わせ、新型モニタ製品を8機種同時に発表した。いずれも60Hzタイプのデスクトップモニタとなっている。2310e(7月上旬発売予定)を除き、PC製品夏モデルと同時発売になる模様だ。いずれのモニタも対応端子のケーブルが同梱される。

【PCモニタ新製品】
2710m
27インチ
最大解像度: 1,920×1,080ドット予定価格 59,850円
2310t
23インチ
解像度: 1,920×1,080予定価格 49,980円
2310e
23インチ LED
最大解像度: 1,920×1,080ドット予定価格 39,900円
2310m
23インチ
最大解像度: 1,920×1,080ドット予定価格 31,500円
2210m
21.5インチ
最大解像度: 1,920×1,080ドット予定価格 23,940円
x20LED
20インチ LED
最大解像度: 1,600×900ドット予定価格 19,950円
2010f
20インチ
最大解像度: 1,600×900ドット予定価格 15,750円
1920m
18.5インチ
最大解像度: 1,366×768ドット予定価格 10,500円


(2010年 6月 17日)

[Reported by 佐藤カフジ ]