最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

スクエニ、DS「電車でGO!特別編 〜復活!昭和の山手線〜」

山手線命名100周年を記念して、当時の風景などを再現


2010年7月22日 発売予定

価格:5,480円

CERO:A(全年齢対象)



クイズ「山手線検定」も収録されている。「山手線唯一の踏切はどこか?」なんて問題も収録されていそうな予感。イヤ、有名すぎか?

 株式会社スクウェア・エニックスはニンテンドーDS用鉄道運転シミュレーション「電車でGO!特別編 〜復活!昭和の山手線〜」を7月22日に発売すると発表した。価格は7,480円で年齢別レーティングはA(全年齢対象)。

 「電車でGO!」シリーズは、1996年にタイトーからアーケード用タイトルとしてリリースされ、大ヒットを記録。その後も数々のプラットフォームで多数の路線をゲーム化してきた。シリーズ最新作となる「電車でGO!特別編 〜復活!昭和の山手線〜」は、タイトルにあるとおり“山手線命名100周年”を記念して制作されている。

 DSのタッチパネルを使用した操作モードで、直感的な操作を実現。だれでも簡単に操作できるモードの他、より詳しい人向けにプロフェッショナルモードも搭載されている。訓練モードでライセンスを取得したり、リアル路線長を再現し、山手線一周をシミュレートすることも可能となっている。

 最新のE231系に始まり、歴代の山手線の車両を収録。さらには、詳しくは謎だが山手線以外の車両も収録されているという(運転できるかは明らかになっていない)。さらに、タイトルに「復活」とあるとおり、昭和30年代から50年代の風景を再現しているモードが搭載されているのもポイントの1つだろう。

 この他にも、山手線にまつわるクイズを集めた「山手線検定」や「昭和写真コレクション」などのコンテンツも収録される。


スクリーンショットにあるように、東京タワーがまだ建築中となっている。この懐かしい風景の中、懐かしい車両を運転できるのは、ファンとしては嬉しい限り

(C)2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. (C)TAITO CORPORATION. 1996
JR東日本商品化許諾済

(2010年 4月 28日)

[Reported by 船津稔]