最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

SCEJ、PS3用地上デジタルレコーダーキット「torne」体験会開催
「TVを遊ぶ」仕掛けが満載。ゲームと同時録画も可能に


3月 発売予定

価格:9,980円


「torne(トルネ)」の商品画像。セットには地上波デジタルチューナーの他、PS3用ソフトウェア、B-CASカード、そしてコード類がパッケージングされている
PSPのリモートプレイにも対応。ただインターネット上から録画の予約などは行えないPSPに書き出して見ることも可能。この場合、“ムーブ(移動)”ではなく“コピー(複製)”となる。このため9回まで可能となる

 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEJ)は、1月14日に発表したプレイステーション 3用地上デジタルレコーダーキット「torne(トルネ)」の体験会を報道関係者に向けて行なった。「torne」の発売時期は3月を予定しており、価格は9,980円。同社開発陣によれば、現在も開発が進められている途中だという。

 「torne」は地上波デジタルチューナーとPS3用ソフト、B-CASカードとコード類がセットとなっている。チューナーとプレイステーション 3はUSBケーブルで接続。付属のディスクに収録されているプレイステーション 3用ソフト「torne」をインストールすることでクロスメディアバーに「テレビ」の項目が現われ「torne」が利用できるようになる。インストール後は付属のディスクは不要となる。本体内のハードディスクだけでなくUSBで接続した外付けのハードディスクに記録することもでき、外付けハードディスクは最大8台まで登録可能。USBハブを使えば最大4台まで同時に接続可能となっている。

 BDリモートコントローラ(別売のリモコン)でもデュアルショックなどのコントローラーでも操作可能。インターフェイスもシンプルで録画もスムースに行なうことができる。さらにゲームをプレイ中にバックでテレビ番組の録画を行なうこともできる。同社開発陣によればCPUやメモリのリソースを極力使わないプログラムの開発を行なったと言い、ゲームプレイ中に使用しないCPUを使用するなどしているという。

 ただし、ゲームプレイ時に同時に録画する機能は購入時のデフォルト設定では無効になっている。これについては「基本的には影響は及ばない」としているが、「ゲームに軽微な影響が及ぶ可能性もある」ということから、この内容を納得した上で同時録画機能を有効にすることで利用することができるようになる。ちなみに、プレイステーション 2との互換性を持つ初期型の20GB、60GBモデルにおいて、プレイステーション 2のプレイ中に同時に番組録画を行なうことはできない。ハードウェアの特性上の問題で、同時にエミュレートを行なうことはできないという。同タイプの機種でもプレイステーション、プレイステーション 3プレイ時には同時に録画することは可能。

 基本的には地上デジタルレコーダーだが、「TV番組を楽しむため」の仕掛けが多数用意されている。プレイステーション 3をネットに接続すると、“どの番組を試聴している”、“どの番組を予約録画している”といったデータをサーバー側が自動的に集計。メニューのチャートからリアルタイムに見ることができる。さらに、番組一覧の検索でこの人気順に番組を表示することもでき、人気のある番組を録画するといったことも可能となっている。

 テレビや録画したビデオを表示している場面でインターネットの検索を行なうことも可能。検索を行なうと、左画面に映像を表示しながら右画面で検索結果を表示。さらに番組を見ながらインターネットを楽しむことも可能となっている。

 PSPとの連携も用意されており、リモートプレイでプレイステーション 3と接続し録画などの操作を行なうことが可能。また、プレイステーション 3とPSPを接続し録画した番組をコピーすることができる(コピー回数は9回まで)。コピーする時は標準画質(512Kbps)と高画質(1Mbps)から選択可能。複数の番組を選択し一気にコピーすることも可能となっている。

 トロフィーコレクション機能にも対応しており、ジャンルや時間などでトロフィーがオープンするという。しかし、今回の体験会では細かな条件については明らかにされなかった。

 実際に操作した感じはとにかく軽快という言葉がピッタリ。サクサクを表示され、番組表などもほぼ1日分を表示したところから目的の番組へと拡大していきアクセスすることができる。また、ネットとの親和性を重視した機能が用意されているのも面白い。実際にチャットなどができる機能が搭載されているわけではないが、自分以外の人がどの番組をどれくらい見ているのかがわかる機能は楽しめる。ユーザー数が増えれば増えるほどこの機能は活きてくることだろう。同社によれば発売後は機能アップデートを行なっていくと言うことで、テレビを楽しめる機能がどんどん追加されていく可能性がある。そういった意味でも楽しみだ。

 「torne」を2台繋げてもダブルチューナーにならないといった点や(技術的には同時録画も可能かもしれないという)、番組予約はアカウントをまたいで1つしかないため、例えば弟がお姉さんの予約している番組をキャンセルできるといったことも可能な仕様であるなど、問題点とも言える部分もあるが、アップデートなどもどんどん行なわれるようなので、様々な楽しめる要素が増えていくことが期待される。


「torne」の商品説明を行なう開発を担当した西沢氏。左写真が地デジチューナー部分。右写真はPS3にインストールするためのディスク。インストールするとクロスメディアバーに「テレビ」の項目が現われ「torne」が利用できるようになる ゲームをプレイ中に録画可能なことを現わす画面。右上に「録画を開始しました。」と表示されている
地デジチューナ部分のアップ。左写真が前面から上面で、右写真が背面から底面のもの。B-CASカードは底面の裏側から差し込む仕様となっている。PS3と接続するUSBは前面で、アンテナは背面となっている PSPに映像をコピーして楽しめる。PSP goの場合、本体メモリかメモリースティックマイクロか選択することができる
「torne」のトップ画面。バックに流れているグラフィックスは、これまで録画してきた内容が表示されており、どんどん増えていくとか。ちなみにコントローラーを置いておくと真ん中のリングメニューは消えるが、コントローラーを取り上げた瞬間に表示される テレビ画面に現在放送中の番組表を表示したところ。グラフのように色が付いているが、これは番組の進行度を示している。どんどん色の付いている部分が減っていくと言うこと。時間の横に表示されている人型のグラフィックスは、現在どれくらいの人が見ているかを5段階表示したもの。「364トル」とあるのは何人が録画しているかという数値
番組を表示しているところから録画状態にするには2回ほど○ボタンを押すだけ。思い立ったら簡単に録画することができる PS3をネットに接続していれば、どれくらいの人が録画予約しているのかが集計され、見ることができる。さらに番組検索で人気順にソートできるため、人気番組だけを録画することも可能
番組表を表示したところ。拡大縮小が可能で、左写真が最大限表示したところで、右写真が最大限にアップしたところ。移動もかなり高速で、この気持ちよさには開発陣もこだわったとか(拡大画像は1,920×1,080の解像度となっています) 番組表から録画する場合のインターフェイス。右側にリングが現われ選択することで録画予約の設定を行なう
録画した番組は一覧表示される。曜日や日にち、番組名などでソートをかけることが可能 再生画面。早見再生(写真の1.5倍再生がそれにあたる)の他、10倍、30倍、120倍で速再生することなども可能 シーンサーチ。一定秒数ごとのシーンの画像を表示してくれる。秒数設定も可能。簡単にかつ高速に指定の場面にアクセスできる
チャート表示。局ごとに集計したりジャンル別に集計することも可能。ある意味、リアルタイムの視聴率調査となる。これらのデータはネットに接続していると自動的にサーバーで集計できるが、設定でデータ送信を拒否することも可能 テレビ画面上でインターネット検索を選択すると画面が分割され、左画面にテレビ番組の映像が表示され、右画面にインターネットの検索結果を表示。右画面でインターネットを楽しむこともできる
ハードディスクは最大8台まで登録可能。USBハブを使えば最大4台まで同時に接続可能 録画時にハードディスクを選択することができる PSPに描き出す場合、高画質化標準画質か選択可能。コピーには実時間の約半分の時間が必要だという



■ コントローラーのアナログスティックは今後のために取ってある

報道陣からのインタビュー形式で答えた開発陣。左からJAPANスタジオ制作部ゲームデザイナーの西沢学氏、ソフトウェアプラットフォーム開発部開発リーダーの石塚健作氏、商品企画部の渋谷清人氏

 体験会の後半では「torne」の開発に携わったJAPANスタジオ制作部ゲームデザイナーの西沢学氏、ソフトウェアプラットフォーム開発部開発リーダーの石塚健作氏、商品企画部の渋谷清人氏が取材陣の質問に答えた。

 まず最初に「torne」のコンセプトについて渋谷氏は「2008年にヨーロッパで『Play TV』が出て、日本でもテレビを視聴し録画してエンターテイメントの幅を広げることができるのかということについて社内で論議していた。ストレスなくプレイステーション 3で実現できるレコーダーとは?と考えた」とコメントし、プレイステーション 3でテレビを楽しむためにできることを詰め込んだ商品が「torne」であると説明した。ちなみに「Play TV」と「torne」は全く別の商品で、「torne」は日本で一から製作されたアプリケーションだ。

 「torne」の開発にあたってこだわった点を聞かれた西沢氏は「レスポンスやスピード感にこだわった。少ないボタンの数で気持ちいい感触を生み出すことは、ゲームの開発から応用した」と語った。また、リビングにおいてもおかしくない「かっこよくおしゃれな画面を目指した」と、インターフェイスのデザインなどにも気を配ったという。

 一方、開発を担当した石塚氏は「商品企画からは『CELLなんだから何でもできるでしょう?』と言われたが、できることとできないことがある。プレイステーション 3としてストレスなくテレビを録画でき楽しめるようした」と番組検索のスピード感などを重要課題として取り組んでいったことを明かした。

 今後のアップデートについては、現在まだ開発が続けられている段階で内容までは決まっていないようだが、「ネットワークを使った要素、トロフィーなどゲーム的な部分といった楽しんでもらえる企画は出ている」と言うことで、こういった追加要素が期待される。

 渋谷氏は「10万円のレコーダーが市場にある中でそういった製品と競争しようという考えはない。プレイステーション 3ならではの楽しさをユーザーに提供したい。その中で価格も策定していった」とコメントし、9,980円と1万円を切る価格が採用されたのは直近になってからだと語った。渋谷氏はさらに「我々はチューナーを提供したいわけではない。プレイステーション 3でなにを楽しめるのか?」と言い、「torne」がコンテンツの1つとして生まれた事を強調していたのが印象的だった。

 開発途中に、キャラクターが登場するようなゲーム的な企画もあったと言うが、現在のようなシンプルながらも楽しめる要素が盛り込まれたスタイルに落ち着いた「torne」。西沢氏は最後に「ゲームの持つレスポンスの良さを大切に基本形を作り込み、その上に各要素を乗せていく。今後も大きく育てていきたいと考えている」とコメント。ちなみに「方向キーで操作することは古くないか?」との質問に、「アナログスティックは今後のために取ってある」と答えており、まだまだ驚きの要素が追加される期待感がある。まだ開発は続けられていると言うことで、3月に発売されることを楽しみに待ちたいところだ。


(C)2010 Sony Computer Entertainment Inc. All rights reserved.
Design and specifications are subject to change without notice.
Screen Image Simulated
Ratchet and Clank FUTURE is a registered trademark of Sony Computer Entertainment Inc.
Developed by Insomniac Games. (C)2009 Sony Computer Entertainment America Inc.

(2010年 1月 21日)

[Reported by 船津稔]