最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

バンダイチャンネル、PS3向け映像配信サービス「ガンダム・ビューカイブ」
クローズドβテストを1月28日より開始。テスターを1月21日より募集


1月21日〜24日 テスター募集予定
1月28日 CBT開始


 株式会社バンダイチャンネルは、株式会社セリウスが開発したプレイステーション 3向け映像配信サービス「ガンダム・ビューカイブ」のクローズドβテスト(CBT)を、1月28日から3月31日まで実施する。これに伴い、テスターの募集を1月21日12時から24日24時にかけて行なう。募集人数は40,000人。

 「ガンダム・ビューカイブ」は、PS3の搭載する「CELL Broadband Engine」の演算能力とネットワーク機能を活かした新たな映像配信サービス。リビングに居ながらにして、ネットワークに接続している利用者同士が同じ映像を共有し、テキストチャットを通じて想いを語らうことができる。本サービスを利用するには、PS3に「ガンダム・ビューカイブ」のソフトウェアをインストールする必要がある。

 本サービスでは、ビューカイブ機能「GVウィング」やシアター機能「シアターウィング」、さらに映像配信システム「WB-DRIVE」の3つの機能を利用できる。

宇宙空間を漂う「シーン」や「キーワード」をキャッチすると名場面を鑑賞することができる

 「GVウィング」では、1979年に放映されたTVアニメ「機動戦士ガンダム」(全43話)のすべての映像を、宇宙空間をモチーフにしたインターフェイスを通じて、「シーン」と「キーワード」をきっかけとした名シーンを視聴できる。

 宇宙空間には、810のシーンと300を超えるキーワードが漂っており、それをキャッチすることで作品の名場面を視聴可能。このほか、登場キャラクターやメカニックの設定といった詳細な作品情報を閲覧することもできる。また、利用者同士で映像に対する感想やうんちくを語り合い、思い出を共有する機能も備えている。

 「シアターウィング」では、ネットワーク上に作られた仮想の映画館で開催されるシアターイベントに参加できる機能。最大で250人が同時に映像を鑑賞しながら、コントローラーのボタンを押して気持ちを表現可能な上に、テキスト入力で思いをシャウトすることもできる。

 「WB-DRIVE」は、GVウィングの膨大なアーカイブデータやシアターウィングでのHD映像配信を実現するために開発した新たな映像配信システム。このシステムでは、利用者同士のPS3をネットワークで接続して互いにデータを送受信し、助け合うように機能。HD映像(平均12Mbps VBR 最大30Mbps以上)を送信できる。

 またセキュリティ対策として、送受信されるデータには、CELL Broadband Engine の高速な演算能力を活かした独自の暗号化が施されている。CBTでは、本システムの試験運用もあわせて行なわれる。


 テスターへの応募は、PlayStation Networkのアカウントを所有しており、HDDに8GB(8,192MB)以上の空き容量があるPS3を持っていて、それを本テスト用として使用できる人が対象となる。1月21日12時から24日24時までの期間中に、PS3からPlayStation Store(PSS)にアクセスし、「『ガンダム・ビューカイブ』CBT参加応募券」をダウンロードすることで応募完了となる。

 応募者の総数が40,000人を超えた場合は、抽選となる。抽選の結果は、当選者にのみ、PSSからの電子メールにてソフトウェアをダウンロードするために必要な「プロダクトコード」が送付される。

 なお、CBTへの参加は、サーバー負荷検証などの理由で、参加人数を第1次から第3次までの3段階に分けて追加される。第1次の参加者は3,000名が予定されている。第2次以降の参加人数や「プロダクトコード」の送付に関しては、確定次第「ガンダム・ビューカイブ」の公式サイトで公開される。

(C)創通・サンライズ

(2010年1月21日)

[Reported by 中野信二 ]



Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.