最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

セガ、PSP「戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校」を発表

戦略とアクションを融合したシステム「BLiTZ(ブリッツ)」を継承したアクティブ・シミュレーションRPG


7月17日 発表

今冬 発売予定

価格:未定



 株式会社セガは7月17日、PSP用アクティブ・シミュレーションRPG「戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校」を今冬に発売することを発表した。価格は未定。また、公式サイトを同日より公開した。

 初代「戦場のヴァルキュリア」は、2008年4月にプレイステーション 3で発売。水彩画のようなグラフィックエンジン「CANVAS」と戦略とアクションを融合したシステム「BLiTZ(ブリッツ)」を実装したアクティブ・シミュレーションRPG。

 PSPで発売される「戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校」は、前作から好評だった「BLiTZ(ブリッツ)」を継承、自由度とボリュームを大幅に増加、グラフィックス部分はアニメーションで表現されている。

 公式サイトでは現在、主要キャラクターと思われる3人がランダムで配列されるページが公開されており、同サイト内の「最新情報」によると毎週金曜日に様々なコンテンツが追加されていく予定。また、Blog「陣中日誌」や、ストーリーから察するに、「戦場のヴァルキュリア」(征暦1935年)から2年後(征暦1937年)の世界を舞台にしていることが伺える。


【ストーリー】

 征暦1937年
 時代の激流は、級友を戦友に変える。

 兄の死を契機に、「ランシール士官学校」へと入学した主人公・アバン。
 ダルクス人排斥を唱える革命軍が武装蜂起し、内乱に突入したガリア公国を舞台に学校という「日常」・戦争という「非日常」が、壮大なドラマを織り成していく。

 アバンと級友たちは戦いの果てに、どのような未来をつかむのか?


【公式サイト画像】

(C) SEGA

(2009年 7月 17日)

[Reported by 鬼頭世浪]



Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.