ニュース

「艦これアーケード」、艦娘がぬるぬる動く稼働直前版を体験!

ブラウザ版をベースに、見た目と戦闘のやり応えが大幅にアップ

2月19日10時〜18時 開催予定(業者招待日)

2月20日10時〜17時 開催予定(一般公開日)

入場料:1,000円(税込、小学生以下、60歳以上は入場無料)

場所:幕張メッセ国際展示場 展示ホール4・5

「艦これアーケード」の筐体。特殊な操作部分と、右側のカード印刷部分が印象的

 先日より最終ロケテストが実施され、2016年春予定の稼働がいよいよ近づいてきたAC「艦これアーケード」。JAEPO2016の会場においても、開発最終段階のバージョンがプレイアブル出展されており、GAME Watchでもその最終版(内容はJAEPO用に調整)をプレイできた。

 「艦これアーケード」をあえて簡単に説明するなら、ブラウザ版「艦隊これくしょん -艦これ-」のキャラクターが3DCGモデルになり、戦闘中にやるべきことが増えた……と言うことができる。

 キャラクターは全員が3DCG化されており、例えば執務室で秘書艦に選んだ艦娘をタッチすれば、なめらかなアニメーションと共にブラウザ版と同じセリフが流れる。戦闘中は艦娘たちが海上を滑っていくが、主砲を撃つなどで攻撃したり、砲撃を食らう度に独自のアニメーションが入る。

 本作はこの3DCGが良くできており、原作イラストのタッチの違いも再現しているほか、モーションもそれぞれ独特で、各艦娘にこだわりをもって制作されていることがわかる。全体として見た目が賑やかになり、初めて見る人は「あの艦娘がぬるぬる動いている……!」と驚くだろう。

 ゲーム自体は、艦娘を集め、艦隊を編成して目標海域をクリアしていくというブラウザ版と同じサイクルとなる。執務室には建造、開発、入渠といった項目もあり、ブラウザ版に親しんでいるならすぐに馴染めるはずだ。

【最新スクリーンショット】
【艦娘カード】
【艦娘の3DCGモデル】
艦娘ごとに異なるイラストのタッチの違いも再現。とりあえず動かしてみたくなる

戦闘はやり応え抜群! リアルタイムバトルへと進化

艦隊を編成するところまでは一緒だが……
戦闘中は様変わり。索敵に攻撃、位置取りなどやることはたくさん

 戦闘はターン制ではなくリアルタイムバトルとなっていて、筐体に設置された操舵輪と船速レバー、そして発令ボタンを使用する。艦隊は戦闘海域に入っても敵とすぐには遭遇せず、まずは操舵輪と船速レバーによって海域を進め、索敵を行なわなくてはならない。

 敵と遭遇すれば画面が切り替わり、今度は攻撃手段を選択できるようになる。攻撃手段は艦隊の編成によって変わり、主砲、副砲、雷撃、航空攻撃が選べる。

 主砲は攻撃力の高い一発をくらわせるタイプで、タイミング良く発令ボタンを押すことで攻撃力も上がる。副砲は発令ボタン連打で威力の低い弾をバラまいて、小刻みにダメージをあたえるもの。雷撃は攻撃力は高いが、敵に到達するまで時間がかかるため発射方向を調整する必要があるほか、命中率が低い。航空攻撃は艦載機によって爆撃を行なうものとなる。

 攻撃時にはカットシーンが入るが、それ以外は艦隊同士が海上を移動しているため、相手艦隊との位置関係(反航、同航、T字など)によって有利不利が変わるほか、相手との距離によって選択できる攻撃が変わる要素や、「赤いマークに触れると敵の砲撃を受ける」といった要素もある。

 敵の攻撃を避けつつ、位置関係を有利にし、さら有効な攻撃手段を選択して実行する……という様々な操作を一気にプレイしていくので、戦闘中はかなり忙しい。カットシーンによって一息はつけるが、戦闘時の艦隊の制御はかなりやり応えがある。

 海域を無事クリアすれば、新たな艦娘との出会いも待っている。新艦娘は筐体の中で印刷され、カードとして排出されることとなる。今回のプレイで手に入ったのは、駆逐艦の荒潮。このカードもその場で印刷されたとは思えないほどの出来栄えなので、コレクションするのも楽しい。

戦闘中の艦娘たちのアクションも見モノ

割り切りも必要! な利用料金制度

艦娘を眺めるだけで終わる。そんな遊び方をすることこそが「艦これ」なのかもしれない

 利用料金であるが、本作では「GP(ゲームポイント)」という概念が採用されている。GPは1クレジットを支払うことで購入できるポイントで、これを消費することでゲームが進められるというもの。

 GPは、戦闘時以外は1秒につき1ポイント消費していく。ゲーム開始時には300ポイントのGPが付与されるが、たとえば艦隊の編成や装備の選択、資材の補給、入渠による補修などのプレイ中は、制限時間が減るようにしてGPが減っていく。

 また出撃には、一定のGPが必要となる。難易度の高い海域ほど必要GPは多くなるが、戦闘中はGPが減ることはない。

 特に1秒に1ポイント減っていく執務室はブラウザ版に比べるとやや手厳しいようにも思えるし、時間の許す限り艦娘の3DCGを眺める……ということがなかなかできなさそうなのが少し残念であるが、「300GPを艦娘を眺めるためだけに使う」ということももちろん可能なので、割り切ってプレイすることも大事だろう。

 なおJAEPO会場で「艦これアーケード」をプレイすると、伊勢と日向がデザインされた「艦これアーケード」特製カードケース、また艦娘カード「大井」がプレゼントされる。プレイできないという場合も1日に6回実施される抽選会によってこれらが当たる可能性がある。2月20日分はまだチャンスがあるので、ぜひこちらもチェックしていただきたい。

【カード&カードケース】
今回獲得できた荒潮と、プレイした人全員に配られている大井+特製カードケース。大井とカードケースは2月20日ももらえるチャンスがある

(安田俊亮)