ニュース

VRヘッドセット「Oculus Rift」、599ドルで予約受付開始。

日本向けの発送にも対応し、価格は送料込みで94,600円

1月6日予約受付開始(米国時間)

3月以降出荷開始予定



価格:599ドル

 Oculus VRは、VRヘッドセット「Oculus Rift」の価格を発表し、予約受付を開始した。パッケージにはOculus Rift本体、3Dポジショナルセンサー、Xbox Oneワイヤレスコントローラー(USBドングル付き)、インプットデバイスが同梱され、価格は599ドル。日本向けへの価格は83,800円。送料が10,800円で計94,600円。出荷時期は予約受付順に、3月以降の配送が予定されている。

【Oculus Rift】

 VRのシンボル的存在として2013年のGDCでの正式発表以降、常に業界をリードしてきたOculus VRのVRヘッドセット「Oculus Rift」の予約受付がついにスタートした。20の初期出荷地域には無事日本も含まれ、10,800円という高額の送料が掛かるものの、日本から正規品を購入することができる。

 同梱タイトルには、すでに発表されている通り、「EVE: Valkyrie」と「Lucky's Tale」の2本で、そのほかにも「Oculus Connect 2」等で発表された数多くの新作タイトルがローンチのタイミングでプレイできるようになる見込み。

【EVE: Valkyrie - Pre-Alpha Game Capture - December 2015】

【Lucky's Tale - Coming for the Rift!】

 インターフェイスは、標準同梱のXbox Oneワイヤレスコントローラーと、専用リモコン「Oculus Remote」を使う形となる。なお、ハンドトラッキングデバイス「Oculus Touch」は出荷時期が2016年下半期に延期され、ローンチには間に合わない。

 推奨されるPCスペックは、既に発表されているものから変わっておらず、GeForce GTX 970 or AMD 290以上のGPUを求めている。推奨に満たない環境の場合、画像のカク付きやフレームレートの低下が発生し、いわゆるVR酔いの原因となるため、推奨環境を満たしたPCで愉しみたいところだ。

【同梱物】
Oculus Remote
Xbox Oneワイヤレスコントローラー
トラッキングセンサー
Oculus RiftにビルトインされたVR Audio

【Oculus touchは2016年下半期に】
Oculus Riftの真価を発揮させるデバイスOculus touchは2016年下半期に延期に。Rift購入者には予約権が与えられる
【Oculus Rift 推奨PCスペック】
Components Recommended Specifications
Graphics Card (GPU) NVIDIA GTX 970 or AMD 290 equivalent or greater
Processor (CPU) Intel i5-4590 equivalent or greater
Memory (RAM) 8GB+ RAM
Video Output HDMI 1.3 video output
USB ports 3x USB 3.0 ports plus 1x USB 2.0 port
Operating System Windows 7 64-bit (Service Pack 1) or newer

【日本向けは94,600円に】
円安傾向のためか本体価格はかなり高め

【出荷は5月に】
予約が殺到しているためか、すぐに予約したものの出荷は5月となってしまった

(中村聖司)