ニュース

「ゲーム性を排除したゲーム」が並ぶ個展「悲しいゲーム」開催

アーティスト奥田栄希氏による、不毛な行為を経験する展示会

10月17日〜11月21日 開催予定

入場料:無料

 Takashi Somemiya Galleryは、奥田栄希氏の個展「悲しいゲーム」を10月17日より開催する。期間は11月21日まで。入場料は無料。

 奥田栄希氏は、古いテレビゲームを題材に映像、平面表現などを試みてきたアーティスト。近年では市販のゲーム機で動作するインタラクティブなゲーム作品の制作に取り組んでおり、その過程はゲームプログラムを作成し、基板にハンダ付け、1つのカセットにパッケージするところまで全て手作業で行なわれる。

 個展「悲しいゲーム」では、ゲーム本来のゲーム性を排除し、生と死や、無限を想起させる、文字通り悲しいゲーム作品が並び、プレーヤーはテレビの中という閉じられた空間の中で、逃げ場もなく、ただ不毛な行為を経験する。

(安田俊亮)