ニュース

東京お台場「ガンダムフロント東京」がパワーアップ!

「ガンプラ」35周年を記念してリニューアル

4月11日 オープン

場所:東京都江東区青海1-1-10ダイバーシティ東京プラザ7F

開館時間:10時〜21時(最終入場時間20時)

 東京のお台場にあるダイバーシティ東京プラザの7階にある、「ガンダム」の世界を体験・体感できる有料施設「ガンダムフロント東京」が4月11日にリニューアルオープンした。「ガンプラ」は35周年を迎え、ガンダムそしてガンプラをより広げるための新たな体験型ゾーンも設置された。

ガンプラファクトリー

 “見る”、“触れる”をテーマに、バンダイホビーセンターの「ガンプラ」作りの技術やプロセスを体験できる。ガンプラの原料に触ることができるブースを始め、ガンプラをつくる小型の射出成形機が設置されている。成形機は4月25日から稼動を開始。5月1日からは、有料ゾーンに入場した希望者には、「ガンプラファクトリー」内の成形機で作られたガンダムフロント東京限定「1/144GFTガンプラファクトリーRX-78-2ガンダムヘッドパーツ」がプレゼントされる。

バンダイホビーセンターの「ガンプラ」作りの技術やプロセスを体験できる「ガンプラファクトリー」
5月1日から希望者にプレゼントされる、ガンダムフロント東京限定「1/144GFTガンプラファクトリーRX-78-2ガンダムヘッドパーツ」

ガンプラ ラボ

アッセンブル体験キット

 “体験”をテーマに、「ガンプラ」に関する“ワークショップ”を楽しめるゾーン。実際にガンプラに触れることができ、作る楽しみを感じられるようなワークショップとなる(ワークショップへの参加は別途有料)。

 ワークショップ第1弾は5月1日より開催される、自分だけのオリジナルガンプラパッケージをつくるワークショップ「ガンプラアッセンブル体験」。毎日11時より19時まで開催。ワークショップのために作られたガンプラ「1/144GFTガンプラファクトリーRX-78-2ガンダム」の外箱を自分で彩色し、組み上げ、中身をセットし、オリジナルガンプラをつくりあげることができる。

 参加費は500円。

ガンダムオフィシャルショップ

 無料ゾーンに設置される「ガンダムオフィシャルショップ」。“集める”をテーマに、ガンダムファンのコレクション意欲を満たす日本最大級の「ガンダムオフィシャルショップ」としてオープンした。

 従来のガンダムフロント東京限定ガンプラ中心の品揃えにとどまらず、約500種類ものガンプラも購入可能。さらに、ガンプラ以外にも携帯電話関連グッズをより充実させるほか、アパレル、雑貨、文具、書籍等のガンダム関連商品も数多く取りそろえられている。

「WALL-G」新映像に連動したガンプラ第2弾「フェネクス」を発売

 ダイバーシティ東京プラザフェスティバル広場に立つ実物大ガンダム立像と壁面に投影された映像が連動する演出「WALL-G」。3月に開始された新映像「ガンダムGのレコンギスタFROM THE PAST TO THE FUTURE」に登場する、黒いボディのユニコーンガンダム3号機「フェネクス」のガンプラが、4月18日よりガンダムフロント東京限定で発売される。新映像内で、キャピタルアーミーにより黒いボディで復活したフェネクスを立体化したもの。ガンメタ調のシルバーカラーが再現されている。価格は2,571円。

「SHOT-G」が6月末で終了

 実物大ガンダム胸像のコクピットに搭乗して3D写真を撮影することができる「SHOT-G」が6月30日で終了する。モデルは、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の主要モビルスーツ、ストライクフリーダムガンダムの実物大胸像「RG1/1 ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダムVer.GFT」。リアルに再現されたコクピットに乗り、同作の主要キャラクターであるキラ・ヤマトの音声アナウンスで撮影を行ない、3Dの写真とクローズアップの2D写真を、オリジナルのペーパーフォトフレームとセットで提供されるサービス。

 前売り撮影券(チケットぴあ/セブンチケットで事前予約)は2,000円(日時指定)。施設窓口での当日撮影券は2,700円。

(船津稔)