ニュース

「東京ゲームショウ2014」来場者数は25万を突破

9月18日〜21日 開催(一般公開日 20日〜21日)

会場:幕張メッセ1〜9ホール

入場料:
前売り 1,000円
当日 1,200円
小学生以下無料

当初土日は台風の影響による雨の予報だったが、結果的には虹が出るなど晴れていた。台風の予報で遠方の方は予定を取りやめた可能性も……?

 9月18日から21日まで4日間にわたって皆済された幕張メッセで開催されたゲーム関連の展示会「東京ゲームショウ2014」の来場者数は251,832人と、前年比18,365人の減少となった。

 昨年は、プレイステーション 4とXbox Oneの新世代機がそろい踏みということもあり人気を集めた。今年は需要が一段落したことも蟻減少したとも言えるが、それでも2012年の来場者数を上回り、史上2番目の来場者数となった。

 毎年祝日の日程の関係(昨年は月曜日の23日が祝日だった)や、天候等も関係するため一概に比較はできないが、毎年ステージイベントの生中継が増加し、今年は主要メーカーのメインステージはほぼすべて生中継対象となっていることなども、多少は影響していることも考えられる。

 一方で、今年一大旋風を巻き起こした「Project Morpheus」や「Oculus Rift」といったVRヘッドセットは現状では会場に足を運ぶしかないデバイスだ。また、最近注目を集めているインディゲームのコーナーなどでは開発者がいることも多く、コミュニケーションを取ることで、よりよいゲームに仕上がっていく可能性もある。こういったショーならではの楽しみ方もあると思うので、ぜひとも来年は会場に足を運んでいただき、新しいゲームを体感して欲しい。

【来場者数】
開催日 2014 2013 2012 2011
9月18日 27,786人 29,171人 27,391人 25,631人
9月19日 28,647人 23,183人 24,504人 27,042人
9月20日 92,308人 102,399人 94,989人 86,251人
9月21日 103,091人 115,444人 76,869人 83,744人
合計 251,832人 270,197人 223,753人 222,668人

カプコンブース。「日本ゲーム大賞 2013 フューチャー部門」を受賞した「モンスターハンター4G」が大人気だった。ただ、整理券が配布されていたので周囲での混雑も限定的
一般公開日に電撃的に公開された「FINAL FANTASY XV」世界初実機プレイ映像。その映像美に観客からはため息が漏れていた。また、ステージが裏面で狭かったため、階段等にも人が溢れ大変なことになっていた

(船津稔)