ニュース

【E3 2014】モフモフの編みぐるみ世界で展開する「Yoshi's Woolly World」プレイレポート

ヨッシーのかわいさに思わず目を細める、「ヨッシーアイランド」ライクなアクションゲーム

6月10日〜6月12日開催(現地時間)



会場:Los Angeles Convention Center

編みぐるみヨッシーは、動く姿を見るだけで癒やされるほどかわいい

 ヨッシーの新たなアクションゲーム「Yoshi's Woolly World」(米国名称)は、「ヨッシーアイランド」の世界を編みぐるみで表現したような、暖かくて柔らかみのあるゲームに仕上がっている。

 本作は「毛糸のカービィ」などで知られるグッド・フィールと任天堂の共同制作によるもので、「毛糸のカービィ」が刺繍やパッチワークをコンセプトにした1枚の布の上で展開するビジュアルが特徴だったのに対し、本作では毛糸が編み込まれて立体的になり、編みぐるみのモフモフ感によって優しい味わいを感じることができる。ヨッシーやタマゴだけでなく、敵や地形を含めたすべての画面上のものが毛糸でできているため、「リトルビッグプラネット」にも共通する手作り感溢れるビジュアルだ。

 実際にプレイしてみると、敵を飲み込んで作るタマゴ、タマゴを投げることによる攻撃、ふんばりジャンプなど、「ヨッシーアイランド」シリーズで見られるアクションがベースとなっていることがわかる。

 そのためゲームとしての手触りも「ヨッシーアイランド」っぽいのだが、編みぐるみとなって頭が大きく全体的に丸っこくなったヨッシーがとにかくかわいく、弾力のある動きを見ているだけでかなり癒される。本作では毛糸がテーマのため、タマゴは毛糸玉になり、飲み込んだ毛糸の色に応じたタマゴができたりと、カラフルな様子も楽しめる。プレイした範囲では難易度は決して高くなかったので、ゲーム画面のかわいさで癒やされながら、のんびりと冒険を進めるようなプレイがオススメだ。

 なお協力プレイは2人まで可能。ヨッシーがもう1人のヨッシーを飲み込むことができ、タマゴが弾切れした時などにヨッシーを飲み込み、タマゴ化したヨッシーを投げるといったアクションが可能になっている。飲み込まれた方のヨッシーは文字通り手も足も出ないので、その後の運命は相方に委ねるほかないが、編みぐるみヨッシーが2匹いるだけで見た目のかわいさは2倍。ヨッシー好きは必ずチェックしておきたいタイトルだ。

基本的なアクションは「ヨッシーアイランド」シリーズをベースにしている
【スクリーンショット】

(安田俊亮)