ニュース

ハウステンボス、「ゲームミュージアム」を7月5日にオープン

デジタルゲームの過去、現在、未来を体験。イベント空間「ゲームの王国」と同時始動

7月5日 オープン予定

施設内完成イメージ

 ハウステンボスは、7月5日に本格始動する「ゲームをリアル世界へ」をコンセプトとしたイベント空間「ゲームの王国」において、デジタルゲームの過去、現在、未来を体験できる「ゲームミュージアム」を同日にオープンすると発表した。

 「ゲームミュージアム」は、デジタルゲームの過去や未来を示す約120台のゲームを設置。国内ゲームメーカーの協力の下、懐かしのアーケードゲームを揃える「懐かしのゲームセンター」、家庭用ゲームの歴史をラインナップする「ゲームヒストリー1972-2014」、30余年にわたるゲームの歴史を一望できる「ゲームツリー」、これからの技術を使った未来のゲームが試遊できる「ゲーム・フューチャー」など、テーマごとのコーナーが設置される。

 またゲーム関連商品を扱う販売コーナーや、ゲームの世界にこだわったカフェを併設。家族やカップルでデジタルゲームの世界を楽しめる空間となる。場所はハウステンボス フリーゾーン ハーバータウン内で、入館料は無料。

「ゲームミュージアム」各エリアの説明

・ゲームツリー
 ゲームの歴史を複数のモニターで一気に振り返ることができるスペシャル映像。ゲームのデザインの歴史、アクションゲームの歴史など、30余年にわたるゲームの歴史を一望できる。

UFOゲーム喫茶
 1970年代に一世を風靡した「ゲーム喫茶」を再現する。懐かしの「あのメニュー」も登場。

懐かしのゲームセンター
 ゲームの黎明期からゲームが一大ブームになった時代(1990年代)までを「タイムマシンに乗るかのように」追体験できるエリア。1980年代〜1990年代のゲームセンターを再現する。

キャラクタースタジオ
 「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」など、ゲームから生まれた「スター」であるゲームキャラクターの歴史に触れながら遊べるコーナー。

ゲームヒストリー1972-2014
 家庭用ゲーム機のはじまりとなるODESSEYから最新機プレーステーション 4まで、60種類ものゲーム機が展示されるエリア。(一部のゲーム機では試遊も可能)

ゲーム・フューチャー
 開発中のゲーム機器や、体を使って遊ぶ未来型ゲームを体験できる。未発売ゲームも登場予定。

ゲームショップ
 ゲームキャラクターのグッズや、各ゲーム会社様とタイアップしたオリジナルグッズを扱うショップ。

(安田俊亮)