ニュース

3DS「ソリティ馬」……ゲームフリーク自社パブリッシュ第1弾

「ソリティア」と「競馬」の融合作

7月31日 配信

価格:500円

CEROレーティング:*(全年齢対象)

「ソリティアフェーズ」では、下画面で「ソリティア」をプレイする

 ゲームフリークは、ニンテンドー3DS用ソリティア競馬ゲーム「ソリティ馬」(そりてぃば)をニンテンドーeショップより7月31日より配信する。価格は500円。

 本作は、ゲームフリーク初となるパブリッシュタイトル。プレーヤーが騎手になり、馬を操って勝利を目指すゲーム。

 本作の独自な点は、「ソリティアフェーズ」と「コントロールフェーズ」に分かれており、カードゲームの「ソリティア」(クロンダイク)と、競馬ゲームを融合させているところにある。

 「ソリティアフェーズ」では、「ソリティア」を上手にプレイすることで、馬との「折り合い」が良くなり、馬がより本気で走るようになる。「コントロールフェーズ」では、タッチペンを使って線を描くことで、パラメータやレースの状況に応じて馬の進路をコントロールできる。2つのフェーズを繰り返すことでレースが進行する。最後の直線では、それまでに溜めたパワーやアイテムカードを使いムチを入れつつゴールを目指す。

 ゲーム内には、競馬ゲームでは必須の育成要素も数多く入っており、プレーヤーが育てた馬をQRコード化し、プレーヤー同士でWEBを通じてデータのやり取りが可能。

【スクリーンショット】
最後の直線に入ると、そこまでに溜めたパワーやアイテムカードを使って、ムチを入れつつゴールを目指す

(佐伯憲司)