最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】
【東京ゲームショウ2012 特別レポート】

日本ゲーム大賞はPS Vita「GRAVITY DAZE」!

「ゲームデザイナーズ大賞」は「風ノ旅ビト」!


9月20日 発表



司会を担当したのは1年ぶりに帰ってきた伊集院光さんと前田美咲さん。伊集院さんは冒頭「昨年は、一ゲームファンとして立ち会えないのは寂しかった」と語った

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、「日本ゲーム大賞 2012」の受賞作品を発表した。ユーザーの投票がベースとなることから、今年も例年通り優秀賞には話題作ずらりと並んだが、大賞を受賞したのは世界的にも評価が高いソニー・コンピュータエンタテインメントのPlayStation Vita用ソフト「GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動」だった。

 「日本ゲーム大賞 2012」は、2011年4月1日から2012年3月31日までに日本国内でリースされた1,300作品以上を対象として、一般投票と日本ゲーム大賞選考委員会による審査により決定される。ちなみに、家庭用ゲーム機、携帯型ゲーム機、パソコン、携帯電話等プラットフォームの種類は問わない。

 今年の並み居る人気作を押さえて大賞を受賞した「GRAVITY DAZE」だが、外山圭一郎氏をはじめとしたスタッフ陣はステージ上で喜びを爆発させた。大賞受賞の講評によれば、近年まれに見る激戦の中、「GRAVITY DAZE」は選考委員会から、「ゲーム性が『新規性・斬新性』に富み、今後のゲームソフトのありかたに一石を投じることのできる作品」として評価されたことから受賞に繋がった。

 外山氏は受賞の喜びを聞かれ「正直ヤバイ。想定外」と受賞されるとは思っていなかった様子。「面白いゲームを作ったとは思っているけど……発売直後のハードだし」とコメントを繋げた。また新ハードでゲームを作ると言うことだったわけだが、「未知のハードで不安感もあったが、やってみたら『これもできる、あれもできる』ということで、自然体で作ることができた」と制作当時を振り返りながら、「途中はこんな事でいいのかと、ひたすら悩んだ。その中から研ぎ澄まされていき、我々はこれしかできないと思って作り上げた」と制作を振り返りながら答えた。

 トロフィーを手渡したユーザー代表の方も「ハードを発売当日に購入したけどハードを活かしたソフトがない。でも、(『GRAVITY DAZE』の発売で)プレイできて嬉しかった」と語り、やはりジャイロセンサーなどを使用したゲーム性に惹かれたようだ。


【大賞】
GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動

 優秀賞の受賞作品は、「The Elder Scrolls V: Skyrim」、「新・光神話 パルテナの鏡」、「スーパーマリオ 3Dランド」、「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」、「DARK SOULS」、「FINAL FANTASY XIII-2」、「マリオカート7」、「モンスターハンター3(トライ)G」、「ワンピース 海賊無双」の10タイトル(「GRAVITY DAZEを含む」)。実に4タイトルが任天堂の作品となった。そして、今年もまた「モンスターハンター」が受賞しており、相変わらずの強さを見せつけた。

 このほかの受賞作としては、特別賞が「おさわり探偵 なめこ栽培キット」。ベストセールス賞は、世界累計販売本数が同期間中で524万本。今年の6月末時点では569万本を記録した「マリオカート7」に送られた。グローバル賞の日本作品部門は「ポケットモンスターブラック・ホワイト」、海外作品部門は「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 3」がそれぞれ受賞。

 今年の「経済産業大臣賞」は「ニンテンドー3DS開発チーム」に贈られることとなった。講評は「裸眼3D液晶ディスプレイを初めて搭載する事でゲーム表現の可能性を広げ、新たなゲームコンテンツの登場を促す土壌を開拓した」とし、こちらの受賞理由も大賞と同じくやはりその新規性にあったようだった。

 そして、ゲームの制作者が選んだ「ゲームデザイナーズ大賞」は、プレイステーション 3のダウンロード専用タイトル「風ノ旅ビト(海外タイトル:Journey)」だった。選考した桜井政博氏はこの結果について、「やっぱりこれかという結果」と言い、圧倒的な存在感だったようだ。「足し算から生まれる作品は多いですが、必要なこと、不必要の中の必然だけで成り立っている作品はほとんど見ることはできません」と評した。

 桜井氏は講評を終え最後に、「3年間やってきて、振り返ってみると海外タイトルばかりといった結果なんです。この結果から、日本のゲームが本当にダメだったのか? やっぱり海外の方が人気があるんじゃないか? そんなことを考えたりするかもしれませんが、審査員の我々にとっては、そんなことは些細な問題だと思います。ゲーム自体が受け入れられないとか、お客さんの楽しみをもたらせない……そういったことに比べたら世界のどこでウケようかと言うことはたいした問題ではないですし、面白さに価値観はあっても垣根はないと信じています。なので、我々『ゲームデザイナーズ大賞』を審査する人々は売上げとかあるいは人気とかそういったことに惑わされず、いいものを紹介していこうと思いますので、今後も応援をよろしくお願いします」と語り締めくくった。


【ゲームデザイナーズ大賞】
風ノ旅ビト プレゼンターを務めた桜井政博氏

【優秀賞】
The Elder Scrolls V: Skyrim 新・光神話 パルテナの鏡 スーパーマリオ 3Dランド
ゼルダの伝説 スカイウォードソード DARK SOULS FINAL FANTASY XIII-2
マリオカート7 モンスターハンター3(トライ)G ワンピース 海賊無双

【経済産業大臣賞】
任天堂株式会社
ニンテンドー3DS開発チーム
マリオカート7 おさわり探偵 なめこ栽培キット


ポケットモンスターブラック・ホワイト コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 3


冒頭挨拶したCESA会長の鵜之澤 伸氏 経済産業大臣政務官の北上圭朗氏 最後に「ものを作ったり楽しんだり、人の楽しみを作るのは大切なこと」と挨拶を行なった養老孟司選考委員長

(2012年 9月 21日)

[Reported by 船津稔]