最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

「THE IDOLM@STER 7th ANNIVERSARY 765PRO ALLSTARS みんなといっしょに!」レポート

全員集合でみんなといっしょに!! フルメンバーのライブに横浜アリーナ揺れまくり!!


6月23日、24日 開催

会場:横浜アリーナ



 株式会社バンダイナムコゲームスの「アイドルマスター」7周年を記念したライブイベント「THE IDOLM@STER 7th ANNIVERSARY 765PRO ALLSTARS みんなといっしょに!」が、6月23日、24日の2日に渡って開催された。

 会場はついに横浜アリーナとなり、さらには全国50カ所の映画館でライブビューイングも開催され、過去最大級のステージとなった。動員数は1日あたり1万1千人の満員ということで、また、イベント名にも「765PRO ALLSTARS みんなといっしょに!」とあるとおり、今回はアイドル全員集合、フルメンバー! 765PRO ALLSTARSみんなで、そしてプロデューサーことファンのみんなといっしょに! というコンセプトを感じさせるライブとなっている。充実度満点、熱狂のライブの模様をお伝えしていこう。

ライブ開演前にはやっぱりこの人! ということで高木社長が登場!! だが今年は社長だけではなく、なんとあの人物も……

 全国から集結したプロデューサーさんことファンのみなさんでがっつり超満員となった横浜アリーナでは、開演前からテンションは最高潮! 熱気と興奮が今にも爆発しそうな様子となっていた。

 そんな中、開演前に挨拶と諸注意でおなじみの高木社長がスクリーンに登場。恒例の「元気にしているかねー?」の声に、大きな歓声が応える。高木社長は「私への“社長最高ー! ”コールはまだかね……?」と催促しつつ、直後に挙がったコールを聞くと「おぉ! 自然と沸き上がる社長コール!」と表現して満足げな様子。会場中の笑いをさそっていた(ちなみに2日目は、『私への“社長愛してる! ”コールはまだかね……?』にレベルアップしていた)。

 続いては恒例の諸注意というところだが、ここで高木社長はあの人物へとバトンタッチ。これには会場からも驚きの歓声が挙がり、諸注意のひとつひとつにも大きな返事で応えていた。

 ちなみにこの人物は、初日はスマートに諸注意のみを伝えていたが、2日目には高木社長を見習って(?)笑いどころを入れようとギャグを披露! ギャグは、「アリーナで765PROがライブするのは、有りーな!」というもの(……。)で、ちょっとわかりづらかったかもしれないが、暖かな歓声が場内を包み込んだ。


【あの人物が諸注意を担当!】
おなじみのライブ開演前の諸注意はあの人物にバトンタッチ! 2日目には果敢に高木社長ばりのギャグにもチャレンジした

ライブスタートはこのシルエットから! テンションは一気に最高潮!!

 いよいよライブスタート。シルエット姿のアイドルが並んだ絵を思わせる逆光ライティングの中から、一気に765PRO ALLSTARSの13人全員が登場!! 1曲目はアニメ版オープニングテーマ「READY!!!」。最高潮を突き抜けてテンション爆発となった会場が揺れに揺れる。続いてノンストップで2曲目の「CHANGE!!!」へ。全力全開な“ワン、ツー、スリー!!”コールが巻き起こった。

 今回のライブはステージの作りも見所で、奥の1番大きなメインステージから、垂直に前へとウォークスルーが伸びていて、その先のセンター席の中にT字型のステージが張り出すという、上から見るとHの字のような構成になっている。また、ウォークスルーの横には下に降りて前後のステージを往き来できる歩行スペースもあり、広く動きつつ、よりプロデューサーのみなさんと距離の近いステージとなっていた。

 また、センター席中の前のステージには昇降装置もあり、ここぞという場面で横浜アリーナー中央を高くせりあがっていくという豪華な演出もなされていた。サイリウムの海の中に浮かぶように立つその姿に、プロデューサーさんたちは大いに沸いていた。

 2曲終えて13人での挨拶とMCへ。なんと言っても、今回の会場である横浜アリーナのステージに立てていることへの喜び、そしてそこにフルメンバーで立てていることの喜びが大きいということで、中村さんの「プロデューサーさん、アリーナですよ! アリーナ!!」の声で、大歓声が巻き起こった。

 恒例の下田さんによる“会場のにいちゃーん? ”コールに大歓声があがっていたのは変わりないが、“会場のねぇちゃーん? ”コールに女性プロデューサーさんから過去最大級に大きな歓声があがっていたのが印象的。TVアニメ放映もあったことで、ファン層がますます拡大しているのかもしれない。

 さらに、初日である6月23日は「りっちゃん」こと秋月律子の誕生日。これにも、「おめでとう」の大歓声が沸き上がっていた。

 なお、登場から765PRO ALLSTARS全員が身につけていたのは、公式パンフレットでアニメ版の錦織監督が描いたキャライラストを元に作られた新衣装。今回のライブでは曲ごとに変わる新衣装も見所となっていた。

【アリーナ中央のステージへ765PRO ALLSTARSが!!】
今回のステージはメインステージ、ウォークスルー、前側ステージとセンター席の中へせり出した作りでインパクト抜群! 写真上2枚はメインステージ、左下がウォークスルーを移動中、右下が前側ステージで広がったところ

 曲へ入ると、中村繪里子さんの「乙女よ大志を抱け!!」、浅倉杏美さんの「ALRIGHT*」、滝田樹里さんの「空」、平田宏美さんの「チアリングレター」、原 由実さんの「風花」と、それぞれソロで5曲を披露。そこから長谷川明子さんと仁後真耶子さんの2人で「おはよう!!朝ご飯」と続いた。ここでも登場時とはまた別の新衣装をそれぞれが身につけている。

 大歓声や完成度の高いコールの声はもちろんだが、今回凄かったのは会場の揺れ。1万人超のプロデューサーによるジャンプで、座席ごと大きく揺れ動いていて、細めに立てていたカメラの三脚が倒れそうになるほど。たくさんの人が自分の好きなものを全力で応援する、そのエネルギーが結集した時のすさまじさを肌で感じられるライブとなっていた。

【M03〜M08はソロ・デュオを新衣装で!】
中村繪里子さんの「乙女よ大志を抱け!!」 浅倉杏美さんの「ALRIGHT*」
滝田樹里さんの「空」 平田宏美さんの「チアリングレター」
原 由実さんの「風花」 長谷川明子さん仁後真耶子さんの2人で「おはよう!!朝ご飯」

 MCでは、今回のテーマが「みんなといっしょに!」ということで、前からやってみたかったというウェーブにプロデューサーさんたちと挑戦。キレイに連なっていくウェーブはさすがの一言だ。

 続いての曲は、若林直美さんの「いっぱいいっぱい」。りっちゃんの誕生日祝いということもあってファンは当然ヒートアップ!!。全力のいっぱいいっぱいコールに、若林さんも「パーフェクトー!!」と応えていた。

 さらに沼倉愛美さんが「Next Life」でクールなダンスを見せたのに続き、今井麻美さんの「眠り姫」では中央の昇降装置からしっとりと歌い上げて会場を魅了した。緩急の効いた構成だ。

【M09〜M11は緩急の効いた構成で魅了】
若林直美さんの「いっぱいいっぱい」
沼倉愛美さんが「Next Life」
今井麻美さんの「眠り姫」

 12曲目には、釘宮理恵さん、下田麻美さん、たかはし智秋さんが登場!! 「伊織」、「あずさ」、「亜美」でのユニット「竜宮小町」で、「SMORKY THRILL」を歌い上げた。フルメンバーならではのこの組み合わせにひときわ大きな歓声が挙がった。

 13曲目はアニメ前半の取りを飾った「自分REST@RT」を9人で熱唱!! ここまでで高まリ続けていた会場のテンションはここで前半最大の山場を見せ、オレンジのサイリウムの海が一斉に飛び跳ねて、横浜アリーナを揺らしに揺らした。歌詞の通り、“限りなく広いアリーナで歌声が高く遠く響く”。“すべてが報われる瞬間”を会場中の全員が全身で感じたはずだ。

 さらにそこから、中盤のスペシャルな演目として「横浜アリーナ SPECIALメドレー」がスタート! スクリーンに歌詞が表示されて“みんなといっしょに”歌うという趣向になっていた。ノンストップリミックスに15曲で構成し、メドレー中盤にはあの“テッテッテー”も。もちろんこれも会場全員で大合唱。最後は「GO MY WAY!!」でメドレーをフィニッシュ!!

【「竜宮小町」が実現!!】
釘宮理恵さん、下田麻美さん、たかはし智秋さんで生「竜宮小町」のステージが実現! 「SMORKY THRILL」を披露!!

【「自分REST@RT」でライブ前半をフィニッシュ!】
アニメ前半のトリを飾った「自分REST@RT」で、同じく今回のライブの前半を締めくくった

【「横浜アリーナ SPECIALメドレー」でノンストップに15曲!】
フルメンバー登場で、「横浜アリーナ SPECIALメドレー」へ! スクリーンに歌詞も表示され、みんなでいっしょに歌い盛り上がった

メドレー終わりに突如、高木社長が登場。「やってみたかった」というウェーブを楽しんだあとにPSP「アイドルマスター シャイニーフェスタ」のPVを披露した
坂上Pも初日、2日目ともに登場・。「アイドルマスター シャイニーフェスタ」の情報を中心に、今後の「アイマス」の展開も発表した

 前半&メドレーを終えたところで、高木社長が再登場。いったんクールダウンの休憩を促しつつも、「わたしもやってみたい!」ということで、ウェーブに挑戦! キレイに決まったところで、そのご褒美としてスペシャル映像の公開となった。

 公開されたのは、10月25日に発売されるPSP「アイドルマスター シャイニーフェスタ」のPVだ。これについては初日発表の記事で詳しく紹介し、PVも掲載しているので、ぜひそちらをご覧頂きたい。

 この紹介には総合プロデューサーの坂上氏が登場。「シャイニーフェスタ」では、“13人を同時に踊らせたい”という思いから制作をはじめ、ライブ、バンド、アニメ、お芝居と、アニメなどでこれまでも広がってきた「アイマス」ワールドを網羅。お芝居の紹介では、坂上Pも大好きだという曲の「自転車」をモチーフに、「真は自転車に乗るよね」ということで、それを感じさせるカットも公開している。新曲の「MUSIC」も収録されているという。

 2日目にも登場した坂上Pは、「シャイニーフェスタ」について初日とはまた異なる情報とPVを公開。各パッケージに新作アニメが1話分ずつ収録されるというものなのだが、それについても2日目発表の記事で紹介しているので、ぜひそちらをご覧頂きたい。なお会場でのトーク内では「……まだ言えないんだけど、やよいと伊織の……とかもね」と期待の高まるコメントもあった。

 このほかにも今後のアイマス関連の展開について紹介された。「アイドルマスターシンデレラガールズ」のコミックがスタート。「ガンガンONLINE」、「ヤングガンガン」、「ビッグガンガン」、「ジョーカー」の4誌で展開していく。また、TVアニメ「アイドルマスター」のコミカライズも「コミックレックス」の8月27日号より連載が開始される。

 予想外な展開(?)ということもあってか会場が異様に盛り上がったのが「アイドルマスター2」に登場した男性ユニット「JUPITER」のコミカライズ展開。今秋より「花とゆめ」、「ザ・花とゆめ」、「花とゆめONLINE」の3誌で連載される。

 最後に坂上Pは、これからもアイドルマスターで様々な展開をしていくとコメントし、今年で7周年を迎えたアニバーサリーイベントについても、「それこそ、10年でも20年と続けていけるように」と、力強く語ってくれた。

【PSP「アイドルマスター シャイニーフェスタ」の情報を公開】
10月25日に発売予定のPSP「アイドルマスター シャイニーフェスタ」。ハニー サウンド」、「ファンキー ノート」、「グルーヴィー チューン」の3パッケージ同時発売で、各パッケージに新作アニメが1話分収録される。詳しくは別記事をご覧頂きたい

【今後の「アイマス」の展開も。JUPITERがコミックに!】
アイマスシリーズが次々とコミカライズ! なんと「花とゆめ」系には男性ユニット「JUPITER」のコミックが登場!!

 ライブ後半は、仁後真耶子さんの「キラメキラリ」からスタート! 下田麻美さんの「スタ→トスタ→」、そして、先ほどもPSP「シャイニーフェスタ」の話題に出てきた平田宏美さんの「自転車」と続く。「自転車」では、平田さんの「だって君が……好きだー!!」のシャウトで会場の揺れを1ランクアップさせていた。さらに、沼倉愛美さん、若林直美さんの2人で「神SUMMER!!」、たかはし智秋さんの「晴れ色」と、このパートではこれから訪れる夏の爽やかさを感じさせるような構成をみせた。

【後半は爽やかな夏を思わせるポップな構成で駆け抜ける!】
仁後真耶子さんの「キラメキラリ」 下田麻美さんの「スタ→トスタ→」
平田宏美さんの「自転車」 たかはし智秋さんの「晴れ色」
沼倉愛美さん若林直美さんの2人で「神SUMMER!!」

 MCでリラックスストレッチタイムをはさみ、まずは釘宮理恵さん、若林直美さん、たかはし智秋さんの3人で「七彩ボタン」へ。続いて、ここからは全体にしっとりとした曲の流れとなり、滝田樹里さんの「光」、長谷川明子さんの「マリオネットの心」、さらに、釘宮理恵さんで「DIAMOND」、今井麻美さんの「約束」、浅倉杏美さんと原 由実さんの2人で「見つめて」、中村繪里子さんの「さよならをありがとう」と続けた。

【しっとりとした構成で歌い上げる】
釘宮理恵さん若林直美さんたかはし智秋さんの3人で「七彩ボタン」
滝田樹里さんの「光」 長谷川明子 さんの「マリオネットの心」
釘宮理恵さんで「DIAMOND」 今井麻美さんの「約束」
浅倉杏美さんと原 由実さんの2人で「見つめて」 中村繪里子さんの「さよならをありがとう」

 しっとりとした雰囲気に包まれた場内を、ポジティブなテイストへと変えていったのは、12人で歌う「私たちはずっと…でしょう?」。「“ずっと…”の“…”にはみなさんの好きな言葉を入れてください!」と呼びかけて盛り上げた。

 ここまでで27曲を終え、全員がステージに登場して最後のご挨拶。そこから最後の曲の「いっしょ」へ。テーマである「みんなといっしょに!」を象徴する流れに会場も盛り上がる。曲の後半ではスクリーンに歌詞が表示され、みんないっしょに歌い上げ、ステージを一旦終了した。

【「私たちはずっと…でしょう?」と「いっしょ」を“みんなといっしょに!”】
12人で歌った「私たちはずっと…でしょう?」。「…」に好きな言葉を入れて欲しいということだが、この日に入るべき言葉はやはり“いっしょ”だ
そして、最後の曲「いっしょ」を13人全員で熱唱!! 歌詞も表示して会場にいる全員でみんなといっしょに歌い上げた

 もちろんこれで終わりなわけはなく、熱気さめやらぬままに統率のとれたアンコールの大合唱がスタート!! フルメンバーが再登場し、アンコールはやはりまずこの曲と言わんばかりに「THE IDOLM@STER」へ。イントロが流れると会場のテンションは完全燃焼へ向けてまたしても最高潮に達し、熟練したコールが大きなうねりを作り上げた。

 そして本当のラストへ。曲は「READY!!」。このライブは「READY!!」から始まり、「READY!!」で終わるというものになった。悔いを残してたまるかと言わんばかりの大歓声、コール、それに応える765PRO ALLSTARSの「もっと声出していくよー!!」の声にさらにテンションは高まり続け、両日ともに完全燃焼、大満足のライブとなった。

【アンコールはフルメンバーの「THE IDOLM@STER」、そして「READY!!」】
フルメンバーの「THE IDOLM@STER」、そして「READY!!」で、両日ともにテンションはMAX!! 完全燃焼のフィニッシュとなった

 最後は高木社長に代わって、あの人物の一本締めで終了。ちなみに2日目では、「やっぱりここは社長にお願いしたいですよね?」と最後の最後は高木社長による一本締めとなった。

 両日ともに、これまた恒例ではあるが終了後も「アイマス最高ー!!」のコールが長く長く鳴り止まず、大満足な素晴らしいライブとなった。

【ライブ2日目の写真】

【プライズ展示など、会場の模様】
アニメスタッフからのお祝いの寄せ書きやサインが展示され、写真撮影できるようになっていた

パチスロ「THE IDOLM@STER LIVE in SLOT」もサイン入りの実機を展示

最新プライズや一番クジ、関連グッズも展示。右上の写真には水瀬伊織と高槻やよいの原型があるが、どちらも今冬発売予定

■「THE IDOLM@STER 7th ANNIVERSARY 765PRO ALLSTARS みんなといっしょに!」公演データ

2012年6月23日(土)、24日(日)
横浜アリーナ
23日 OPEN 17時 / START 18時
24日 OPEN 14時 / START 15時
両日とも公演時間は約4時間

【出演者リスト】
中村繪里子(天海春香役)/長谷川明子(星井美希役)/
今井麻美(如月千早役)/仁後真耶子(高槻やよい役)/
浅倉杏美(萩原雪歩役)/平田宏美(菊地 真役)/
下田麻美(双海亜美/真美役)/釘宮理恵(水瀬伊織役)/
たかはし智秋(三浦あずさ役)原 由実(四条貴音役)/
沼倉愛美(我那覇 響役)/若林直美(秋月律子役)/
滝田樹里(音無小鳥役)

■セットリスト

M01. 「READY!!!」 (765PRO ALLSTARS)
M02. 「CHANGE!!!!」(765PRO ALLSTARS)
   MC
M03. 「乙女よ大志を抱け!!」(中村繪里子)
M04. 「ALRIGHT*」(浅倉杏美)
M05. 「空」(滝田樹里)
M06. 「チアリングレター」(平田宏美)
M07. 「風花」 (原 由実)
M08. 「おはよう!! 朝ご飯」 (長谷川明子 & 仁後真耶子)
   MC
M09. 「いっぱいいっぱい」 (若林直美)
M10. 「Next Life」 (沼倉愛美)
M11. 「眠り姫」(今井麻美)
M12. 「SMORKY THRILL」 (釘宮理恵 & 下田麻美 & たかはし智秋 )
M13. 「自分REST@RT」 (中村・下田・原・長谷川・浅倉・沼倉・平田・今井・仁後)
M14. 「SPECIALメドレー」(765PRO ALLSTARS)
   MC
M15. 「キラメキラリ」(仁後真耶子)
M16. 「スタ→トスタ→」 (下田麻美)
M17. 「自転車」(平田宏美)
M18. 「神SUMMER!!」(沼倉愛美 & 若林直美)
M19. 「晴れ色」(たかはし智秋)
   MC
M20. 「七彩ボタン」(釘宮理恵 & 若林直美 & たかはし智秋)
M21. 「光」 (滝田樹里)
M22. 「マリオネットの心」 (長谷川明子)
M23. 「DIAMOND」 (釘宮理恵)
M24. 「約束」 (今井麻美)
M25. 「見つめて」 (浅倉杏美 & 原 由実)
M26. 「さよならをありがとう」 (中村繪里子)
M27. 「私たちはずっと…でしょう?」 (中村・下田・原・長谷川・浅倉・沼倉・平田・今井・仁後・釘宮・若林・たかはし)
   MC
M28. 「いっしょ」 (765PRO ALLSTARS)
   アンコール
En 01. 「THE IDOLM@STER」 (765PRO ALLSTARS)
En 02. 「READY!!!」 (765PRO ALLSTARS)

■SPECIALメドレー曲順

01. 「ふるふるフューチャー☆」 (今井・長谷川)
02. 「魔法をかけて!」 (平田・若林)
03. 「キミはメロディ」 (釘宮・仁後)
04. 「Brand new day!」 (原・沼倉)
05. 「私はアイドル(ハートマーク)」 (たかはし・下田)
06. 「Do-Dai」 (中村・浅倉)
07. 「MEGARE!」 (全員)
08. 「TOWN」 (全員)
09. 「my song」 (釘宮・仁後)
10. 「フラワーガール」 (原・沼倉)
11. 「Little Match Girl」 (中村・浅倉)
12. 「relations」 (たかはし・下田)
13. 「arcadia」 (今井・長谷川)
14. 「エージェント夜を往く」 (平田・若林)
15. 「GO MY WAY!!」 (全員)

【6月26日追記】内容に一部誤りがございましたので、修正させていただきました。

(C)窪岡俊之 (C)2012 NAMCO BANDAI Games Inc.
(C)NBGI/PROJECT iM@S

(2012年 6月 25日)

[Reported by 山村智美]