最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

エポック社、「スーパーマリオ」をモチーフにした玩具を4点を7月14日に発売

コンピューターゲームとはひと味違う、マリオやルイージとの触れあい


【スーパーマリオ3Dランドドキドキ大迷路】
7月14日発売予定
価格:3,129円

【New スーパーマリオ ブラザーズ Wii おうちでカプコロゲームマシン】
7月14日発売予定
価格:4,179円

【New スーパーマリオブラザーズWii バランスワールド地上ステージ】
7月14日発売予定
価格:2,079円

【New スーパーマリオブラザーズWii バランスワールド地下ステージ】
7月14日発売予定
価格:2,079円



バランスワールドの2つは、繋げて飾ることが可能

 株式会社エポック社は、任天堂の「スーパーマリオ」シリーズをモチーフにした玩具4点を7月14日に同時発売する。ボールをゴールまで導く立体パズルゲーム「スーパーマリオ3Dランドドキドキ大迷路」が3,129円。カプセル型販売機を再現した「New スーパーマリオ ブラザーズ Wii おうちでカプコロゲームマシン」が4,179円。そしてバランスを取ってフィギュアを置いていく「New スーパーマリオブラザーズWii バランスワールド地上ステージ」、「New スーパーマリオブラザーズWiiバランスワールド地下ステージ」が各2,079円となっている。

 「スーパーマリオ3Dランドドキドキ大迷路」は2011年11月に発売されたニンテンドー3DS用アクションゲーム「スーパーマリオ 3Dランド」をモチーフとしたパズルゲーム。手前のレバーで傾けることで、立体迷路を傾けることができ、ボールを転がし各チェックポイントを通過しながらゴールを目指していく。対象年齢は5歳以上。

 迷路は4つのパーツで構成されていて、一部が回転するものや、シーソーのように動くもの、スライドするものといった仕掛があり、これらを自由に組み替えることで多彩な迷路を作り上げることができる。ゴールは高い場所を目指すようになっており、緊張感が増す。家族や友達と遊ぶとき最も盛り上がる場面となるだろう。

 「New スーパーマリオ ブラザーズ Wii おうちでカプコロゲームマシン」は2009年12月に発売されたWii用アクション「New スーパーマリオブラザーズ Wii」がモチーフとなっている。フィギュアをカプセルの中に入れ、コインを筐体に入れてハンドルを回すことで、カプセル型販売機の楽しさを家庭で楽しめる。フィギュアはマリオやルイージの他、クッパJr.など5種類が用意されている。「クッパJr.が出てくるまで、何回まわせるか」といったルールを設定する楽しみ方もできる。対象年齢は4歳以上。

 「New スーパーマリオブラザーズWii バランスワールド地上ステージ」と「New スーパーマリオブラザーズWiiバランスワールド地下ステージ」は、同じくWii用アクション「New スーパーマリオブラザーズ Wii」がモチーフとなっている。不安定な土台の上に、いくつフィギュアをうまく並べられるかを競うゲームで、土管や、支柱を置いてブロックを配置してゲーム画面風の足場を作ることも可能だ。

 「地上ステージ」、「地下ステージ」はそれぞれセットされているフィギュアが異なり、ステージの雰囲気の違いも再現されている。台座を外すことで、フィギュアを自由に飾り立てることもできる。「地上ステージ」、「地下ステージ」の2つを持っていれば、連結させることも可能だ。足場を不安定にしてさらに高度なバランスゲームを楽しむことも、安定させてジオラマにするのも楽しい。こちらの対象年齢は6歳以上。

 コンピューターゲームはまだちょっと難しいという子供にも、ゲーム画面で活躍するマリオやルイージと、触れあいが楽しめるアイテムだ。コレクションアイテムとしても注目して欲しい。


【スーパーマリオ3Dランドドキドキ大迷路】
様々な仕掛を自由に組み替えられる

【New スーパーマリオ ブラザーズ Wii おうちでカプコロゲームマシン】
家庭でカプセル販売機遊びが楽しめる

【New スーパーマリオブラザーズWii バランスワールド地上ステージ】
ゲームステージをイメージした土台に、フィギュアをいくつ置けるかを競う

【New スーパーマリオブラザーズWii バランスワールド地下ステージ】
地上ステージとはフィギュアのラインアップが異なる

(C)2011 Nintendo
(C)2012 EPOCH CO., LTD.
(C)2009 Nintendo Lisenced by Nintendo
(C)2012 EPOCH CO., LTD.

(2012年 5月 24日)

[Reported by 勝田哲也]