最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

スクエニ、AC「超速変形ジャイロゼッター」

筐体も変形するカードバトルゲームが登場!!


2012年夏 稼働予定

料金:1プレイ100円(1プレイにつきカード1枚排出)



マシンカード

 株式会社スクウェア・エニックスは、アーケード用カードバトルゲーム「超速変形ジャイロゼッター」を2012年夏より稼働する。料金は1プレイ100円(カードのみの購入も可)。1プレイにつきマシンカードが1枚排出される。プレイ人数は1〜2人(2台接続時は4人)。

 「超速変形ジャイロゼッター」は、キッズカードゲーム市場で人気を博した「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」を手がけたプロジェクトチームが再集結して開発する新しいタイプの作品。クルマからロボットに変形するマシンを操り、カードを使用してバトルする対戦型のゲームとなっている。

 ゲームのテーマは「変形」で、ゲームに登場するクルマやロボットだけでなく、クルマを操作するステアリングやロボットバトルを操作するレバーといったゲームの筐体にまでおよぶ。

 登場するクルマもオリジナルデザインのほか、マツダ株式会社(MAZDA)、三菱自動車工業株式会社(MITSUBISHI)、株式会社 光岡自動車(MITSUOKA)、日産自動車株式会社(NISSAN)、富士重工業株式会社(SUBARU)、トヨタ自動車株式会社(TOYOTA)の国内自動車メーカー6社より実在する車が数多く登場、もちろんロボットへと変形し熱いバトルを繰り広げる。

 さらに、12月3日創刊予定の「最強ジャンプ」での連載を皮切りに、2012年以降、アニメ(制作はA-1 Pictures)、ニンテンドー3DS用のゲーム、玩具(ホビー)などのメディアミックス展開も行なわれる。また、12月17日、18日に千葉の幕張メッセにて開催される「ジャンプフェスタ2012」(主催:集英社)に出展される。

 当日は、スクウェア・エニックスブースのオープンメガシアターにて初公開となるトレーラーと、A-1Pictures制作のアニメーションPVが上映されるほか、特設コーナーに主人公や仲間たちの操るロボットの巨大立像の展示、玩具などの試作展示、世界初の変形筐体が出展される。

【筐体】
ドライブモード
ロボットモード

【スクリーンショット】

【主な制作スタッフ】
プロデューサー:市村龍太郎氏(スクウェア・エニックス)
        代表作:「ドラゴンクエスト[ 空と海と大地と呪われし姫君」
            「ドラゴンクエスト\ 星空の守り人」
            「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」など
音楽:佐藤直紀氏
メカデザイナー:石垣純哉氏 / 河森正治氏 / 海老川兼武氏 / 鷲尾直広氏 / 常木志伸氏 / 片貝文洋氏 / ヒラタリョウ氏ほか
キャラクターデザイン:カイエダヒロシ氏
企画・プログラム:株式会社ロケットスタジオ
グラフィック・カードデザイン:界グラフィックス

【メディアミックス展開】
・マンガ:12月3日創刊予定の「最強ジャンプ(集英社刊 毎月4日発売)」にて連載開始。
・アニメ:2012年、TVアニメ放送予定。制作は多くのヒット作を手がける株式会社A-1 Picturesが担当。(代表作:「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」、「WORKING'!!」、「青の祓魔師」、「おおきく振りかぶって」、「アイドルマスター」など)
・ゲーム:ニンテンドー3DS用のゲームを開発決定!
・ホビー:玩具、カードサプライ、ガジェットなどゲーム、アニメと連動して展開。


(C)2012 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

(2011年 12月 1日)

[Reported by 中野信二]