最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

SCE、PlayStation Networkなどで“なりすまし”による不正なサインインを確認

一致した約93,000アカウントを一時停止




ソニーのプレスリリース

 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントと株式会社ソニーは、同社のネットワークサービスPlayStation Network(PSN)、Sony Entertainment Network(SEN)およびSony Online Entertainment LLC(SOE)のサービスにおいて、ユーザーアカウントへの第三者の“なりすまし”による不正なサインインの試行が行なわれたと発表した。これらは米国太平洋夏時間の10月7日から10日にかけて行なわれたという。

 不正なサインインが試行されたアカウントのうち、約93,000アカウント(PSN/SEN:約60,000、SOE:約33,000)が同社に登録されている現在有効なアカウントと一致していることが判明したため、これらのアカウントについては、利用を一時停止している。なお、一時停止前に不正にサインインが実行された可能性のあるアカウントは、ごく一部としている。

 不正なサインインが試行されたアカウントを持っているユーザーに対しては、登録Eメール宛てにメールが発送され、パスワードの変更を求めるとしている。また、サービスの利用にあたって定期的にパスワードを変更して欲しいと呼びかけている。今回の不正サインインに該当するアカウントへの影響について、同社は引き続き調査していくと発表。

 今回の件については、なりすまし行為による不正ログインであり、同社のデータサーバーへの不正侵入は確認されておらず、これによるクレジットカード情報の漏えいはないとしている。

(2011年 10月 12日)

[Reported by 船津稔]