最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

バンダイナムコ、PSP「マクロストライアングルフロンティア」
マクロスシリーズの全ての要素が詰まったトライアングラー・アクション


2011年2月3日 発売予定

価格:5,229円(通常版)
   7,329円(イツワリノウタヒメパック)

CEROレーティング:B(12歳以上対象)


 株式会社バンダイナムコゲームスは、PSP用トライアングラーアクション(アクション&アドベンチャー)「マクロストライアングルフロンティア」を2011年2月3日に発売する。価格は通常版が5,229円、イツワリノウタヒメパックは7,329円。CEROレーティングはB(12歳以上対象)。アドホック通信対応。

 「マクロストライアングルフロンティア」は、従来のシリーズで採用されていた“可変戦闘機”によるハイスピードアクションと、“歌”による演出・効果に加え、新たに人間関係を体感する“三角関係”の要素を追加したアクション&アドベンチャーゲーム。マクロスシリーズの特徴である、“可変戦闘機”、“歌”、“三角関係”の3大要素に磨きをかけ、新ミッションや未収録の映像を多数追加し、マクロスゲームの集大成と呼ぶのに相応しい内容となっている。

■ 「マクロスF」の世界を体験できる「学園モード」

 「学園モード」は、1生徒として学園生活を送りながらパイロットとして成長していくという、「マクロスF」の世界を体験することができるモード。このモードでは、様々なイベントを通じて学園生活を満喫すると同時に、各種パラメータの上昇とスキル習得によるオリジナルパイロットの育成を行なうことができる。育成したパイロットは、「キャンペーンモード」で使用することが可能。

【学園モード】
ゲームシステムは1週間単位でスケジュールを決定し、行動するアドベンチャー形式。1,000種類以上のイベントを通して学園生活を楽しむことができる。原作キャラクターとの恋愛もある!?

■ 「マクロスF劇場版」と「マクロスII」が本格参戦する「キャンペーンモード」

 「キャンペーンモード」は、従来のシリーズ同様ミッションクリア型のハイスピードアクションを楽しむことができる。本作では、前作に収録されていたキャンペーンミッションに加えて「劇場版マクロスF 〜イツワリノウタヒメ〜」を完全収録。さらに、前作では機体のみのゲスト扱いであった「超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-」もキャンペーンミッションに登場する。歴代マクロスの各時代を追体験することができる本作のミッションモードは、「マクロス」を名乗る全てのアニメ作品が登場する。

【参戦作品】
・マクロスゼロ
・超時空要塞マクロス
・超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか
・マクロスプラス
・マクロス7
・マクロスダイナマイト7
・マクロスF
・劇場版マクロスF 〜イツワリノウタヒメ〜【初参戦】
・超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-【初参戦】

【キャンペーンモード】
「劇場版マクロスF 〜イツワリノウタヒメ〜」の世界も追体験することができるようになった
これまでは機体のみの参戦だった「マクロスII」の世界も追体験可能に。

【登場機体紹介(一部)】
VF-25A トルネードパック装備
VF-25F(アルト機)トルネードパック装備
YF-25プロフェシー アーマードパック装備

VF-25F トルネードパック装備 VF-25S(クラン機) YF-25
VF-1A 一条機 VF-19改 VF-25F アルト機
最終決戦仕様装備
EX-ギア(民間・女) ハウンドバジュラ

 前作で好評だった「リプレイ再生機能」、「カスタムサウンド」などの要素は、本作にも収録されている。機体やキャラクター、ミッションの追加はもちろん、ゲームデータインストール機能など、いくつかの新要素を追加したことによって、より快適に遊ぶことができるようにと、更なる進化を遂げたという。



■ 同時発売「イツワリノウタヒメパック」

 「イツワリノウタヒメパック」は、「劇場版マクロスF 〜イツワリノウタヒメ〜」本編映像や特典映像などを収録した映像UMD VIDEOがセットになった期間限定生産版。本編以外にも「新作CGムービー」や「超時空劇場(新作アニメ)」など、多彩なコンテンツが収録されている。

【イツワリノウタヒメパック】
「劇場版マクロスF」場面カット
映像特典:新作CGムービー


(C)1982,1984,1992,1994,1995,1997,1999,2000,2002 ビックウエスト
(C)2007 ビックウエスト/マクロスF製作委員会・MBS
(C)2009 ビックウエスト/劇場版マクロスF製作委員会
(C)2011 NBGI

(2010年 12月 9日)

[Reported by 志賀康紀]