最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

東京ゲームショウ2010レポート

KONAMIブースレポート
定番シリーズの続編はもちろん
Kinectからアーケードまで幅広いラインナップを展示


9月16日〜19日 開催(16日、17日はビジネスデイ)

会場:幕張メッセ

入場料:1,000円(一般/前売り)、1,200円(一般/当日)、小学生以下は入場無料


 東京ゲームショウの入り口のすぐ左側にあるKONAMIブースでは、「Castlevania -Lords of Shadow-」や「ワールドサッカー ウイニングイレブン 2011」といった人気シリーズや、Kinect対応タイトルの「DanceEvolution」と「クロスボード7」、さらには携帯機向けの新作や、社会現象を巻き起こしている「ラブプラス」のアーケード向けタイトルなど、老若男女が楽しめるラインナップで、来場者を迎え入れていた。

 本稿では、KONAMIブースに設置されていたタイトルのうち、これからKONAMIが発売する新作タイトルの出展情報についてお届けしていこう。


■ Castlevania -Lords of Shadow-

プラットホーム:PS3/Xbox360
発売日:12月16日
価格:通常版7,980円 スペシャルエディション9,980円
ジャンル:アクションアドベンチャー


26インチの大画面とヘッドホンにより物語の世界観を存分に楽しめる環境になっていた

 FC版「悪魔城ドラキュラ」から連綿と続く人気シリーズ「Castlevania」シリーズの最新作。最誕・新生という意味を持つ“Reborn”がテーマの本作は、スペインのMercury Steam Entertainmentが制作。日本語音声を「MGS」シリーズでおなじみの小島プロダクションが担当。ブースの試遊台でも、豪華声優陣による迫力のあるドラマシーンが楽しめた。

 ブースには2ステージ分の体験プレイが行える試遊台を、PS3版を8台とXbox360版を4台、合わせて12台用意。プレイの内容にもよるが、体験版のプレイ時間は約5〜15分程度となっている。


【スクリーンショット】

(C)2010 Konami Digital Entertainment. Developed by Mercury Steam Entertainment


■ ワールドサッカー ウイニングイレブン 2011

プラットホーム:PS3/Xbox360/PSP/PS2/Wii
発売日:10月28日(PS3/Xbox360)
    11月18日(PSP/PS2/Wii)

価格:PS3/Xbox360版:7,980円 PS3バリューPACK:39,980円
   PS2/Wii版:5,980円
   PSP版:4,980円

ジャンル:サッカー/スポーツ


今年のKONAMIブース最多の試遊台が用意されているため、プレイ時間は長めでも比較的プレイしやすいはずだ

 全世界で累計販売本数が6,360万本を超えるサッカーゲーム「ワールドサッカー ウイニングイレブン」シリーズの最新作。今作では、フェイント操作を右スティックに集約することで可能となったェイントコンボや、全方向へ強弱をつけたパスを自由に出せるようになるなど、サッカーをさらにリアルに再現するために操作感覚を全面的に刷新しているのが特長。

 また世界初となる南米クラブ選手権「コパ・サンタンデール・リベルタドーレス」のゲーム化や、人気モードの「マスターリーグ」のオンライン対応など、ゲームモードもさらに充実している。

 ブースではPS3版が8台、PSP版が4台、Xbox360版が2台と、計14台もの試遊台を用意。1試合まるまる体験した際のプレイ時間は約20〜30分となっている。


【スクリーンショット】

(C)2009 JFA Official Licensed Product of UEFA CHAMPIONS LEAGUE “adidas” the 3-Bars logo and the 3-Stripe trade mark are registered trademarks of the adidas Group, used with permission. All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are used under license. (C)2010KonamiDigitalEntertainment


■ DanceEvolution

プラットホーム:Xbox360 Kinect専用
発売日:11月20日
価格:5,980円
ジャンル:リズムダンスアクション


ブースの後ろからプレイ中の様子を見れるので、並んでいる間にダンスの予習をしておくといいだろう

 コントローラーを用いずにプレイする、Xbox360 Kinect専用ソフト。自分自身の踊る姿を確認しながら、画面に現れるマーカーやダンサーのシルエットに合わせてポーズを決めることで、誰もが手軽に本格的なダンスを楽しめる。

 ゲームモードは1人はもちろん、1台のKinectを使っての2人同時プレイのほか、オンラインによる4人同時のダンスバトルなども可能。自分のダンスを保存したりスナップショットをアルバムに保存することもできる。

 ブースには2台の試遊台が用意されており、1曲のプレイ時間は約5分。「BEMANI」シリーズなど、リズムアクションゲームを得意とするKONAMIが作っただけに、自分の体のみを使う新しい操作感覚ながら、あまり違和感を感じることなくプレイできたのが印象的だった。


【プレイイメージ】
【スクリーンショット】

(C)2010 Konami Digital Entertainment

■ クロスボード7

プラットホーム:Xbox360 Kinect専用
発売日:11月20日
価格:5,980円
ジャンル:体感ボードレースアクション


Kinect専用タイトルは、どちらもプレイ待ちの行列が絶えない人気となっていた

 プレイヤーの姿勢によって、ライディングボードに乗ったキャラクターを操作する体感ボードレースアクションレース。

 体を前傾させると加速し、自分がジャンプするとキャラクターもジャンプ、ジャンプ中に体をひねるとトリックを決めるなど、直感的にキャラクターを操作できるようになっていた。

 1回のプレイ時間は約5分程度だが、ブースに用意された試遊台は1台のみとなっており、一般公開日には混雑が予想される。画面を上下分割することで2人同時プレイもできるので、友達とお誘い合わせの上で、プレイしてもらいたい。


【プレイイメージ】
【スクリーンショット】

(C)2010 Konami Digital Entertainment


■ オトメディウスX(エクセレント!)

プラットホーム:Xbox360
発売日:2010年秋
価格:7,140円
ジャンル:シューティングゲーム


わかりやすいゲーム内容の上、プレイ時間が短いため、比較的プレイしやすかった

 KONAMIが誇るシューティングゲーム「グラディウス」シリーズの流れをくむ、Xbox360「オトメディウスG(ゴージャス!)」の続編。家庭用向けの完全新作となる今作では、新キャラクターの追加や、ステージのボリュームアップはもちろん前作ではオンラインでのみできた3人協力プレイをオフラインでも可能にするなど、全体的にパワーアップ。

 ブースには3台の試遊台を用意。この体験版でプレイできるのは1ステージのみとなっており、1回のプレイ時間は約5分程度となっていた。


【メインビジュアル】
【スクリーンショット】

(C)2010 Konami Digital Entertainment

■ ザックとオンブラ まぼろしの遊園地

プラットホーム:ニンテンドーDS
発売日:10月28日
価格:4,980円
ジャンル:アドベンチャー


KONAMIブースの中央よりにあるため、比較的プレイ時間は長めながら待ち時間なくプレイしやすかった

 主人公の手品師ザックと、ヒロインのポリー、そして「オンブラ」と呼ばれる謎のイキモノが織りなすストーリーが楽しめるアドベンチャーゲーム

 ストーリーは「オンブラ」が起こすイタズラを、ザックが解決していく形で進行していき、イタズラの解決にはミニゲームをクリアしていく形式となっている。ミニゲームはどれもタッチペンのみで操作できる簡単なもののため、誰でも気軽にチャレンジしやすいことだろう。

 ストーリーパートのところどころにアニメーションムービーが挿入されるため、体験版で楽しめる5回のミニゲームをクリアするのにかかる時間は約15〜20分程度。ビジネスデイには試遊台は8台が用意されており待ち時間なくプレイできた。


【ザック】 【ポリー】 【オンブラ】
【スクリーンショット】

(C)2010 Konami Digital Entertainment

■ とんがりボウシと魔法のお店

プラットホーム:ニンテンドーDS
発売日:11月11日
価格:4,980円
ジャンル:コミュニケーション


2頭身のかわいいキャラクターたちと、のんびりと魔法学校での生活を楽しめる

 現実と同じ時間が流れる不思議な世界で、楽しい魔法学校生活が体験できるコミュニケーションゲーム「とんがりボウシと魔法の365にち」の最新作。

 前作の目的だった、魔法学校で魔法やおまじないの授業を受け、クラスメイトと仲良くなったりしながら「大魔法使い」を目指すだけではなく、今作では、ケーキ屋さんやレストラン、洋服屋やアクセサリーショップなど、いろいろな種類のお店を開くことができるようになったのが特長。

 ビジネスデイには試遊台は2台用意されており、プレイ時間はプレイヤー次第でいつまでも遊び続けられた。一般公開日にはファミリーコーナーのみの出展となっているので、プレイしたい方は8番ホールのファミリーコーナーを訪れてほしい。


【スクリーンショット】

(C)2010 Konami Digital Entertainment


■ ラブプラス アーケード

プラットホーム:アーケード
発売日:2010年冬
ジャンル:コミュニケーション


KONAMIブースでビジネスデイに整理券を配布していたのは、この「ラブプラス アーケード」のみ

 社会現象ともいえるブームとなった「ラブプラス」がアーケードに登場!本作ではデートでのコミュニケーションにフォーカスし、アーケードならではの大画面の高解像度でカノジョとのデートを楽しめるほか、思い出をプリントアウトして、手元に残す形でのコレクションも可能となっている。

 試遊台は3台のみだったため、ビジネスデイでも整理券が配布されるほどの人気。一般公開日の整理券配布も瞬殺が予想されるため、プレイしたい人は真っ先にKONAMIブースのメインステージ右にある「ラブプラス」コーナーを訪れたほうがいいだろう。


【筐体イメージ】

【スクリーンショット】

(C)2010 Konami Digital Entertainment

■ ラブプラス MEDAL Happy Daily Life(仮)

プラットホーム:アーケード
発売日:未定
ジャンル:シングルメダル


東京ゲームショウで初お目見えとなったタイトルだが、プレス以外はプレイできなかったため、プレイする人はまばらだった

 「ラブプラス」をテーマにしたメダルゲーム機。「ラブプラス」の舞台、とわの市のマップ上をやじるしパネルを使用して、カノジョを目的地に導くのが目的。選択肢によって獲得できるメダル数が変化すうrほか、イベントではオリジナルストーリーが進行。

 デートモードでは、うまくプレイヤーが選択肢を選ぶことでカノジョとの会話を楽しむことが可能。さらにスロットゲームのドリームチャンスが発生すればJACKPOTのチャンス!イラストをそろえることで多くのメダルを獲得できる。

 ブースには3台の試遊台が用意されており、一般公開日は解放されていた。プレイには整理券が必要。


【筐体イメージ】

【スクリーンショット】

(C)2010 Konami Digital Entertainment



(2010年 9月 18日)

[Reported by 菅原哲二]