最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

スクエニ、PSP「タクティクスオウガ 運命の輪」新情報
新たなクラスやクラスの刷新により広がるユニット育成ほか


発売日:未定

価格:未定


 株式会社スクウェア・エニックスは、現在開発中のPSP用シミュレーションRPG「タクティクスオウガ 運命の輪」の新情報を公開した。

 今回は、主人公と共に戦うユニットや魔法などに特化した専門職であるクラス、さらに敵味方の行動順を決定する「WT(ウェイトタイム)」を採用したバトルシステムに関する情報が明らかになった。

■ ユニットとクラス

 ユニットとは、主人公デニムの率いる騎士団に所属し共に戦うキャラクターたちのこと。戦闘を重ねて育成し強化することができる。主にバトルで敵を倒し、勝利することでユニットは成長するが、ほかにも店で装備品を購入したり、魔法を覚えることなどでも強くなっていく。

 そして、ユニットはみな特定の武器や魔法などに特化した職業についており、アイテム「転職証」があれば、より専門性の高い職業で戦うことができるようになる。こうした専門職のことを「クラス」と呼ぶ。

騎士団に所属しているユニットは、ワールドマップ画面の「編成」で確認できる ほかの職業にクラスチェンジするには、転職証が必要となる。キャラクターアイコンの横に表示されているカードが転職証でその下の数字が枚数を表わしている。また、特別な方法をとらないと転職できないクラスも1部存在する

● クラスの追加/刷新

 オリジナル版「タクティクスオウガ」では、人間ユニットのクラスや能力は性別によって異なっていた。しかし本作では、性別による違いがなくなっている。例えば、オリジナル版での初期クラスは男性が「ソルジャー」で、女性が「アマゾネス」だったが、本作では「ウォリアー」に統一されている。

 また、女性のみのクラスだった弓のスペシャリスト「アーチャー」については、男性ユニットもクラスチェンジが可能になるなど既存のクラスも刷新。このように、性別でクラスを限定しなくなったため、ユニット育成の幅が大きく広がっている。

本作では、初期クラスの「ソルジャー」と「アマゾネス」を刷新。男女が統一され、「ウォリアー」に生まれ変わった 本作より、男性でも初期の段階から頼りになる後方攻撃タイプのアーチャーになれる

 さらに、本作では複数の新クラスも追加。今回は、そのうちの1つ「ローグ」に加え、「ウォリアー」、「アーチャー」、「ウィザード/ウィッチ」の計4種のクラスの情報が明らかにされた。

性別の差をなくしただけでなく、待望の新クラスも追加されユニット育成もより深く楽しめる。未公開のクラスに関する情報は、今後随時公開される予定

【クラス】
【ローグ(Rogue)】
本作から新たに追加されたクラス。相手からアイテムを盗んだり、バトルフィールドにトラップを仕掛けることができるトリックスター
【ウォリアー(Warrior)】
あらゆる武器を使いこなす前衛の要となるクラス。装備可能な武器/防具の種類が多くオールマイティだが、突出した能力を持たない
【アーチャー(Archer)】
後方攻撃型のクラス。弓やボウガンなどを駆使し遠距離から敵を狙撃できる
【ウィザード/ウィッチ(Wizard/Witch)】
さまざまな魔法を駆使して戦う後方支援型のクラス。攻撃魔法のほか、状態異常系の魔法を豊富に操ることができ、序盤や混戦時などでは特に真価を発揮する



出撃前の編成画面。自軍のユニットを選択して好きな位置に配置する。ただし、出撃可能なユニット数には上限がある

■ キャラクターの追加/刷新

 本作には、オリジナル版「タクティクスオウガ」で活躍したキャラクターに加え、騎士ラヴィニスをはじめとした新キャラクターたちが登場する。これらのキャラクターのデザインは、吉田明彦氏と政尾翼氏のコンビで新たに描き下ろし、お馴染みのキャラクターたちも一新される。

多彩なキャラクターたちのほか、汎用ユニットのイラストも一新されている。当時の雰囲気はそのままに、より洗練されたグラフィックスが物語を盛り上げる


■ バトルシステム

 本作におけるバトルでは、育成したユニットの中から戦闘に出撃させるユニットを選択し、各ユニットの配置を決めてバトルに出撃する。出撃後は、自軍のユニットと敵軍のユニットがバトルフィールドに配置され、戦闘が開始される。

 本作では、「味方のユニットが行動をするターン→敵のターン」を繰り返すといったターン制ではなく、各ユニットが保持する「WT(ウェイトタイム)」を消化したユニットから順番に敵味方に関係なく行動するため、常に敵味方の攻防が入り乱れる戦略性の高いバトルを楽しめる。

バトル中は一目でわかるよう、画面下部に敵味方のユニットのアイコンが行動順に並んでいる バトルでは、敵味方の区別なく、WTが0(ゼロ)になったユニットから行動可能となる

各武具に設定されているWTも意識しつつ装備を選びたいところ

 「WT」は、本作のバトルにおいて重要な要素であり、いくつかの要因によって算出され常に変動する。これにより、ユニットの行動順は常に変化し続けるため、その時点での各ユニットの配置だけでなく行動順も意識した戦略を立てることが勝敗を大きく左右する。「WT」を変動させる主な要因は以下の通り。

【WTを変動させる主な要因】
1. 武具の重量:本作では、武具によってWTの値が決まっており、行動時にその値が加算される。
2. クラス:各クラスによって基本となるWTの数値が決められているため、必然的に行動の早いクラス/遅いクラスに分かれる。
3. ユニットの行動:ユニットが行動可能となった時に、移動/行動を実行することで次に行動できるようになるまでのWTが増加する。

ユニットが行動可能となった際には、移動可能範囲内で位置を変える「移動」や攻撃、魔法などを繰り出す「行動」を実行することができる。ただし、これらのコマンドを実行するごとにWTの値が増加する


(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
※画面は開発中のものです。

(2010年8月13日)

[Reported by 中野信二 ]