最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

スティング、PSP「ブレイズ・ユニオン」発売決定

「ユグドラ・ユニオン」の世界観を受け継ぐ完全新作


5月27日 発売予定

価格:6,279円

CEROレーティング:B(12歳以上対象)



 株式会社スティングは、PSP用タクティカル・ファンタジーRPG「ブレイズ・ユニオン(BLAZE UNION)」の発売を決定した。発売日は5月27日で、価格は6,279円。CEROレーティングはB(12歳以上対象)。発売元は株式会社アトラス。

 「ブレイズ・ユニオン」は、同社が開発した「ユグドラ・ユニオン」の世界観とゲームシステムを受け継いだ、完全新作となるタクティカル・ファンタジーRPG。「ユグドラ・ユニオン」に登場した「新生ブロンキア帝国」の前身である「ブロンキア帝国」を舞台に、新しい主人公「ガーロット」とその仲間たちが、明るい未来をつかみ取るため、腐敗した帝国や世の中の理不尽、汚い大人たちに立ち向かう姿が、彼らの青春群像劇とともに描かれる。

 ゲームの基本システムは「ユグドラ・ユニオン」を踏襲。ターン制のタクティカルバトルをベースに、ユニットの移動や攻撃力を司る「タクティクスカード」や、複数のユニットが連係して戦闘を行なう「ユニオンシステム」といった独自のシステムが搭載されている。

 キャラクターデザインは、新たにイラストレーターの光崎瑠衣氏を起用。オープニングアニメ制作は、「ユグドラ・ユニオン」でもアニメシーンを手掛けたポイント・ピクチャーズが担当している。タクティクスカードのデザイン担当は、前作に引き続き戸部淑氏。

【スクリーンショット】
ターン制のシミュレーションをベースに「タクティクスカード」など、独自のシステムが盛り込まれている
プレイの随所にはチュートリアルが登場。前作をプレイしていない人も、段階的にゲームシステムを学ぶことができる
オープニングアニメは、前作でもアニメ映像を手掛けたポイント・ピクチャーズが担当。イラストそのままの雰囲気で戦いがダイナミックに描かれる
シナリオイベントはフルボイスで演出。バトル中は掛け声に加え、スキル詠唱ボイスが収録されている

【登場キャラクター】
ガーロット
CV:鳥海浩輔
本編の主人公。ブレイズ義賊団のリーダー。帝国の圧制により虐げられる民を守るために、強い力が欲しいと思っている。
シスキア
CV:堀江由衣
ブレイズ義賊団のメンバーでガーロットの幼馴染。ガーロットの少年時代を知る数少ない人物で、幼少の彼に「義賊団ごっこ」を持ちかけた張本人。
ジェノン
CV:川田紳司
ブレイズ義賊団のメンバーでガーロットの幼なじみ。剣の腕も確かだが、主に参謀としてガーロットをさまざまな面でサポートする。
メデューテ
CV:田中理恵
放蕩の旅人から仲間になった女性。巨大な戦斧を軽々と扱う戦士。ガーロットの、あまりにも力に頼った無謀さを指摘し、私兵団結成のきっかけを作る。
ソルティエ
CV:加藤将之
現ブロンキア帝国皇帝にして、魔竜ブロンガとの契約者。帝国の国政を省みずに軍拡を繰り返し、武力による領土拡大を目論んでいる。
ラピス
CV:茅原実里
ブロンキア帝国の皇帝親衛隊隊長。無口で感情を表に出さないが、ソルティエに忠誠を誓った女性。

(C)ATLUS CO.,LTD. 2010

(2010年 3月 19日)

[Reported by 滝沢修]