最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

セガ、PS3「龍が如く4 伝説を継ぐもの」
キャバクラ嬢役最終オーディションで7名+1名が選出


8月27日 開催

PS3「龍が如く4 伝説を継ぐもの」

発売日:未定


一堂に会した最終オーディション参加者。そのきらびやかさは「龍が如く」ならでは

 株式会社セガは、5月より開催してきた「龍が如く」シリーズ最新作、プレイステーション 3用「龍が如く4 伝説を継ぐもの」(以下「龍が如く4」のキャバクラ嬢役オーディションの最終審査の模様を公開した。応募総数1,500名の中から、書類審査を通過した60名が東京と大阪で開かれた2次審査を経て、16名が選出されこの最終審査に臨んだ。この審査前に、7月17日から8月25日まで、選出された16名の「Web一般投票」が行なわれており、その結果が参考にされた。

 最終審査は、MCにケイ・グラントさん、そしてセガの名越稔洋総合監督と、プロデューサーの菊池正義氏、プロジェクトマネージャーの植村幸司氏らが参加。さらに特別審査員として、「龍が如く3」に続き「龍が如く4 伝説を継ぐもの」でも「浜崎 豪」役で出演が決定している高橋ジョージさん、「龍が如く3」でキャバクラ嬢役を演じた雑誌“小悪魔ageha”カリスマモデルの荒木さやかさんが、シリーズ出演者の先輩として参加した。


名越稔洋総合監督 荒木さやかさん 高橋ジョージさん


【最終オーディション参加者】
水谷望愛さん 森 摩耶さん 齋藤支靜加さん 桜井 愛さん
Rioさん 河崎姫華さん 小松崎真理さん 水季可奈さん
愛原エレナさん 有川知里さん 茜 まなみさん 有村絵里さん
白咲麻衣子さん 滝沢あんずさん 立石都美さん 一木千洋さん



■ バラエティ豊かな7名が選出!! プロモーションに参加する特別賞も!?

見事オーディションに合格した7名と、特別賞の有村さん

 公開オーディションでは、それぞれがステージに登壇後、1人ずつ挨拶と自己アピールを短時間で行ない、審査員の質問に答えるという流れで行なわれた。MCのケイ・グラントさんによって、質問事項が審査員に割り振られるという段取りで、高橋さんは「好きな男性のタイプは?」という質問が多く、荒木さんは「お店で会ったことがありますね」といった話題から話を始め、緊張気味のオーディション参加者をリラックスさせていた。

 そして、最終的には菊地氏と植村氏によって審査用紙がまとめられ、結果が集計。合格者は7人となった。ケイ・グラントさんからオーディション番号と名前が次々と読み上げられ、荒木さんから花束が手渡されつつ、2ショット写真を撮影。水谷さんは思わず涙ぐみ、愛原さんは荒木さんのファンということで、一緒に写真に納まってうれしそう……といった感じで、それぞれがうれしさを表現していた。合格者はオーディション番号順に発表されたわけではなかったため、最後まで緊張の続く合格発表となった。内訳を見てみると、現役キャバ嬢はもちろんのこと、雑誌モデル、セクシーアイドル、現役大学生、研修生と職業もさまざま。

 それぞれのフェイスキャプチャーはすでに2次オーディション収録後に行なわれており、名越氏によれば、「これから作りこむ」とのこと。「キャバつく」のパートがどんな仕上がりになるのか、そして彼女たちの艶姿がゲーム中でどのようになるのかが楽しみだ。

 また、審査員特別賞として、有村絵里さんが選ばれた。有村さんは「このキャラクター(が漏れるの)は惜しい」(名越氏)ということで選ばれたそうで、今後、本タイトルの応援団長として今後、様々なプロモーション活動にて起用されるという。

 ちなみに、本作の高橋さんのセリフ収録などはすべて終了しているそうだ。「スタッフのテンションが高くて、こちらがむしろテンションを上げていかないといけない現場。ストーリーなどはいえないことも多いが、浜崎は『龍が如く3』よりもさらに深い演技ができていると思う。『龍が如く4』はストーリーが人間味にあふれている作品で、映画のように1つのストーリーで終わらず、プレーヤーによっていろんなストーリーが楽しめるのが魅力。『龍が如く3』の打ち上げで名越さんに初めてキャバクラに連れて行ってもらって(『龍が如く4』に出演できて)よかった(笑)。それ以来月1程度でキャバクラに行っています」と本作とキャバクラの魅力(?)について高橋さんが語ると、「これまでゲームはほとんどやっていなかったんですが、『龍が如く3』は自分が出演しているので、自分を落とすまで頑張ろうとプレイして、2週間で自分を落としました(笑)。自分で自分を落とすので、あまりお金は使わなくてよかったですね」と荒木さんが「龍が如く3」のエピソードを語ってくれた。高橋さんは最初のパートからすでに迷子になっているようで、「今度教えてください」と懇願していたのが印象的だった。


【愛原エレナ(あいはら えれな)】 【水谷望愛(みずたに のあ)】
年齢:24歳 出身:京都
職業:京都の小悪魔ツンデレ嬢
年齢:20歳 出身:名古屋
職業:バレエ界のキュートな刺客
【河崎姫華(かわさき ひめか)】 【一木千洋(いっき ちひろ)】
年齢:23歳 出身:大阪
職業:大阪ミナミのちびっこ人気キャバ嬢
年齢:20歳 出身:静岡
職業:歌舞伎に打ち込む大学生
【齋藤支靜加(さいとう しずか)】 【森 摩耶(もり まや)】
年齢:28歳 出身:東京
職業:愛と死を見つめる研修生
年齢:23歳 出身:神奈川
職業 最後のカリスマギャル
【Rio(りお)】 【有村絵里(ありむら えり)】
年齢:22歳 出身 東京
職業:セクシーアイドル日本代表
年齢:20歳 出身:千葉
職業 増田屋の準レギュラー

(C)SEGA

(2009年 8月 27日)

[Reported by 佐伯憲司]