最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

フロム・ソフトウェア、PSP「忍者活劇 天誅 参 Portable」

Xbox版をベースにPSP版へリニューアル


8月 発売予定

価格:3,990円



 株式会社フロム・ソフトウェアは、PSP用忍者アクション「忍者活劇 天誅 参 Portable」を、8月に発売する。価格は3,990円。

 「忍者活劇 天誅 参 Portable」は、2003年4月にプレイステーション 2用として発売された「天誅 参」のPSP版。PSPへの移植にあたっては、2004年5月に発売されたXbox版「天誅 参 〜回帰ノ章〜」をベースに、リニューアルが施されている。

 ゲームシステムは、プレーヤーが忍者となり、闇に紛れて広大な屋敷や城下町に忍び込み、任務を遂行する忍者アクション。壁を背に先をうかがい、敵に気付かれることなく一撃で斬ったり、鉤縄を使って屋根に登り、屋根伝いに駆け抜けるなど、忍者ならではのアクションが楽しめる。

 PSP版では、Xbox版で追加されたマップや任務、新キャラクター、新奥義、新アクション、新忍具などを収録。また、一定条件を満たすことで使用可能になった始末屋「鉄舟」が最初から使用可能になっている。

 このほか、難易度「易」ではステージの途中で死んでもその場から再挑戦が可能になるなど、システム面にも手が加えられている。

【PS2版からの新要素の一部】
壁と同じ模様の布を被り、敵の目を欺く「壁蓑」。通常時の敵の視界に入っても気付かれないが、警戒状態や殺戮状態にある敵には見破られる 忍殺、もしくは斬殺した敵の死体を運ぶ「死体移動」。死体を隠すことで侵入の発覚を防ぐ
飲むと強大な力を手に入れる代わりに体力が1になる「超命丹」 投げると閃光を放ち、一定時間敵の目を眩ませる「眩み玉」 本作では最初から「鉄舟」が使用可能
不気味にたたずむ塔がある新マップ「廃寺」。複数存在するルートから本堂を目指す
立派な外見の「武家屋敷」。見張りに気付かれずに目的を遂行する

【ストーリー】

 時代は戦国。忍者が支配する世界を目指す忍者軍団「陽炎座(かげろうざ)」がまだ駆け出しの力丸たちの前に立ちはだかった。

 その戦いの中で、敬愛する恩師紫雲斎、兄弟子龍丸を失ってしまった2人。

 悲しみにくれる彩女、名刀十六夜を手にし東忍者の長となる力丸を横目に、陽炎座四天王の1人「朱雀」として身を隠していた「鬼陰」がついに正体を露にする……。

 その陽炎座の騒乱から7年後、力丸と彩女は郷田家に仕え、数々の任務をこなしていた。

 そんな折、ついに身を潜めていた鬼陰が姿を現わす。必死の思いで鬼陰を倒すも、その隙に郷田松之信の娘「菊姫」を冥界の魔王、冥王にさらわれてしまう。

 傷付きながらも菊姫を奪い返すことに成功した2人だったが、力丸は菊姫を助けるために、巨大な岩石に飲み込まれてしまう……。

 そして、冥王の騒乱からちょうど1年が経ち、つかの間の平和な時間を過ごしている郷田の国。

 しかし妖術士「天来」の出現により、再び戦火の炎をくすぶり始めていた……。


【登場キャラクター】
力丸
東忍流の忍者。主君である郷田松之信に忠誠を誓うエリート忍者で、実直で忠義は必ず守り通す。忍者としての生き方に揺るぎない自信を持ち、忍びとしての能力は他の忍者を圧倒する。
彩女
東忍流の忍者。天賦の才に恵まれ、わずか14歳にして東忍流の皆伝を与えられた才女。任務遂行のためには冷酷非情であり、外面に感情を表すこともなく淡々と任務を行なう。
藤岡鉄舟
人の晴らせぬ恨みを代わりに晴らす始末屋。昼間は町医者という表の顔も持つ。表裏の区別なく、仕事や己の関わる全ての物事に対して筋をしっかりと通す性格。
田所勘兵衛
郷田領内にある松之信の家臣。しかし松之信への謀反を企てており、その事を知った実娘の心を悩ませる事となる。
弓削丞ノ助
田所勘兵衛の家臣。野心家ゆえ器に適わぬ事を目論んだため、陣内に利用され、郷田への謀反の発起人に仕立て上げられる。
田所三冬
田所勘兵衛の実娘。早くして母親が亡くなったため、父親には幼い頃から剣術を学ばされ男の様に育てられた。女であるため腕っ節は弱いが、二刀流を使いこなし相当な剣の腕前を持つ。

【スクリーンショット】

(C)2002,2009 FromSoftware, Inc.
※画面は開発中のものです。

2009525日)

[Reported by 滝沢修]



Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright (c)2010 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.